「〜まで」の韓国語「까지」をわかりやすく解説!

「〜まで」の韓国語「까지」をわかりやすく解説!

「〜まで」の韓国語까지を解説します。

  • 使えるシーン
・韓国まで飛行機で2時間かかります。
・家から駅まで少し遠いです。
・今まで韓国に行ったことがないです。
・9時までに家を出なければいけません。
・あなたまでそうする必要はないよ。

こんな文章を作れるようになります。

  • この記事を書いた人

こり twitter-icon

  • 韓国クリエイター
  • 韓国語歴5年
  • ソウル留学
  • TOPIK6級
韓国語教室のおすすめ7選|比較ランキング+選び方も

おすすめの韓国語教室が知りたい!
おすすめスクール7社+口コミを紹介します。無料体験レッスンも実施中です!

「〜まで」の韓国語「까지」

「〜まで」の韓国語は、次の3つがあります。

  • ①:場所の「まで」
  • ②:時間・順番の「まで」
  • ③:生き物の「まで」

順番に解説します。

①:場所の「まで」

1つ目は、場所の「まで」です。

「韓国まで」「家まで」のように、
「ある場所(どこどこ)まで」というふうに使えます。

  • 作り方
名詞+까지
  • 例文

한국까지 비행기로 2시간 걸려요.
韓国まで飛行機で2時間かかります。

까지 좀 멀어요.
家まで少し遠いです。

거기까지 가려면 자전거 타는게 좋을 것 같아요.
そこまで行くなら自転車に乗るのがいいと思います。

  • 補足:~에서 ~까지(〜から〜まで)

~에서 ~까지をセットで使うと、「〜から〜まで」という意味になります。

~에서 ~까지(〜から〜まで)
※場所の「まで」のみ

「〜から」の韓国語は、こちらで解説しています m(_ _)m
»「〜から」の韓国語3つまとめ「에서・부터・에게서/한테서」

例文を見てみましょう。

에서 역까지 좀 멀어요.
家から駅まで少し遠いです。

여기에서 거기까지 30분 걸려요.
ここからそこまで30分かかります。

②:時間・順番の「まで」

2つ目は、時間・順番の「まで」です。

「9時まで」「50ページまで」のように、
ある時間やモノゴトの順番の終わりを表すときに使えます。

  • 作り方
名詞+까지

以下に例を上げてみました。

時間の「まで」
・9시까지(9時まで)
・지금까지(今まで)
・오늘까지(今日まで)
・언제까지(いつまで)
・밤까지(夜まで)

こんな感じで、時間といっても「数字」だけでなく、「時を表す表現」すべてに使えます。

順番の「まで」
・3번까지(3番まで)
・이 노래까지(この歌まで)
・50페이지까지(50ページまで)
こちらも「数字の順番」だけでなく、「この歌からあの歌まで」といった数字以外の順番を表すときにも使えます。
  • 例文

지금까지 한국에 간 적이 없어요.
今まで韓国に行ったことがないです。

밤 늦게까지 한국어 공부를 했어요.
夜遅くまで韓国語の勉強をしました。

오늘은 50페이지까지 읽었어요.
今日は、50ページまで読みました。

선택지가 3번까지 있어요.
選択肢が3番まであります。

  • 補足1:~부터 ~까지(〜から〜まで)

~부터 ~까지をセットで使うと、「〜から〜まで」という意味になります。

~부터 ~까지(〜から〜まで)
※時間・順番の「まで」のみ

「〜から」の韓国語は、こちらで解説しています m(_ _)m
»「〜から」の韓国語3つまとめ「에서・부터・에게서/한테서」

例文を見てみましょう。

아침부터 밤까지 공부만 하고 있었어요.
朝から晩まで勉強ばかりしていました。

오늘은 20페이지부터 50페이지까지 읽었어요.
今日は20ページから50ページまで読みました。

  • 補足2:「〜までに」の韓国語

実は、「〜までに」の韓国語も까지を使います。

  • まで:까지
  • までに:까지

9시까지 집을 나가야 돼요.
9時までに家を出なければいけません。

금요일까지 제출하세요.
金曜日までに提出してください。

③:生き物の「まで」

3つ目は、生き物の「まで」です。

「私まで」「あなたまで」のように、
「生き物+まで」と表現するときに使えます。

ちなみに、「生き物」と表現しているのは、動物にも使えるためです。

  • 作り方
名詞+까지
  • 例文

까지 그럴 필요 없어.
あなたまでそうする必要はないよ。

하품 소리 때문에 나까지 하품해.
あくびのせいで私まであくびした。

강아지까지 데리고 와요.
ワンちゃんまで連れてきてください。

まとめ

「~まで」の韓国語は、次の3つがありました。

  • ①:場所の「まで」
  • ②:時間・順番の「まで」
  • ③:生き物の「まで」

韓国語上達のコツは「継続」と「実践」です。

以上、おわり m(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました