韓国語が学べる例文集をnoteで発売中!詳細はこちら »
文法

「〜まで」を意味する韓国語「까지」の使い方【例文付き】

「〜まで」を意味する韓国語「까지」をわかりやすく解説【使い方3つ】

「〜まで」の韓国語까지を解説します。

  • 使えるシーン
  • 韓国まで飛行機で2時間かかります。
  • 家から駅まで少し遠いです。
  • まで韓国に行ったことがないです。
  • 9時までに家を出なければいけない。
  • あなたまでそうする必要はないよ。

こういった文章を作れるようになります。

「〜まで」を意味する韓国語「까지」の解説【使い方3つ】

「〜まで」の韓国語は까지と言います。
使い方は次の3つがあります。

  • 「까지」の使い方3つ
  • ①:場所の「〜まで」
  • ②:時間・順番の「〜まで」
  • ③:生き物の「〜まで」

上記のとおり。順番に解説します。

①:場所の「〜まで」を意味する「까지」

例えば「韓国まで、家まで」のように、ある場所(どこどこ)までと言いたいときに使えます。

作り方

名詞+까지

上記のとおりで、名詞(場所)の後ろに文法까지をつけるだけでOKです。よって、パッチムの有無によって文法が変化することはありません。

使い方の例

까지家まで
카페까지カフェまで
학교까지学校まで
회사까지会社まで
한국까지韓国まで
가게까지お店まで
거기까지そこまで
여기까지ここまで

「ここ・そこ・あそこ」といった代名詞にも使えます。

例文

한국까지 비행기로 2시간 걸려요.
韓国まで飛行機で2時間かかります。

까지 좀 멀어요.
家まで少し遠いです。

거기까지 가려면 자전거 타는게 좋을 것 같아요.
そこまで行くなら自転車に乗るのがいいと思います。

補足1:「〜から〜まで」の韓国語「~에서 ~까지」

「〜から〜まで」と言いたいときは~에서 ~까지という文法を使います。

까지は先ほど学習したとおりですが、新しく에서が出てきましたね。こちらの文法については「「〜から」の韓国語「에서, 부터, 에게서/한테서」」にて詳しく解説しています。

「〜から」を意味する韓国語「에서, 부터, 에게서/한테서」の使い方【例文付き】
「〜から」を意味する韓国語「에서・부터・에게서/한테서」を解説します。「①:場所の「から」→「에서」/②:時間・順番の「から」→「부터」/③:生き物の「から」→「에게서/한테서」の3つの文法があります。合わせて「에게서」と「한테서」の違いも解説します。
  • ~에서 ~까지(〜から〜まで)の例文

에서 역까지 좀 멀어요.
家から駅まで少し遠いです。

후쿠오카에서 부산까지 배를 타고 가요.
福岡から釜山まで船に乗って行きます。

여기에서 거기까지 30분 걸려요.
ここからそこまで30分かかります。

補足2:「〜までは」の韓国語

「〜までは」の韓国語は~까지는といいます。後ろに助詞がついていますね。
» 助詞「は」の解説はこちら

上記は①パートのみでなく、以下で解説する②③パートにも使うことができます。解説が重複するので、以降の②③パートでは紹介しません。

  • ~까지(〜までに)の例文

9시까지 집을 나가야 돼요.
9時までに家を出なければいけません。

금요일까지 제출하세요.
金曜日までに提出してください。

②:時間・順番の「まで」を意味する「까지」

例えば「9時まで」や「最後まで」のように、時間・順番の終わりを表すときに使えます。

作り方

名詞+까지

作り方は①と同様です。

使い方の例

9시까지9時まで
지금까지今まで
금요일까지金曜日まで
오늘까지今日まで
언제까지いつまで
아침까지朝まで
까지最後まで
3번까지3番まで
이 노래까지この歌まで
5페이지까지5ページまで

では、例文でも使い方を確認してみます。

例文

지금까지 한국에 간 적이 없어요.
今まで韓国に行ったことがないです。

밤 늦게까지 한국어 공부를 했어요.
夜遅くまで韓国語の勉強をしました。

오늘은 50페이지까지 읽었어요.
今日は50ページまで読みました。

선택지가 3번까지 있어요.
選択肢が3番まであります。

補足1:「〜から〜まで」の韓国語「~부터 ~까지」

「〜から〜まで」と言いたいときは~부터 ~까지という文法を使います。先ほどに에서を解説しましたが、それぞれの違いは以下のとおり。

  • ~에서 ~까지:場所
  • ~부터 ~까지:時間・順番

改めてですが、詳しくは「「〜から」の韓国語「에서, 부터, 에게서/한테서」」でも解説しています。

  • ~부터 ~까지(〜から〜まで)の例文

아침부터 밤까지 공부만 하고 있었어요.
朝から晩まで勉強ばかりしていました。

오늘은 20페이지부터 50페이지까지 읽었어요.
今日は20ページから50ページまで読みました。

補足2:「〜までに」の韓国語も「까지」を使う

  • まで:까지
  • までに:까지

同じ文法でOKです。ラッキーですね(^^)

  • ~까지(〜までに)の例文

9시까지 집을 나가야 돼요.
9時までに家を出なければいけません。

금요일까지 제출하세요.
金曜日までに提出してください。

③:生き物の「〜まで」を意味する「까지」

例えば「私まで」や「あなたまで」のように、生き物(だれだれ)までと言いたいときに使えます。ちなみに「生き物」と表現しているのは「動物」にも使えるからです。

作り方

名詞+까지

①②と同様の作り方です。

使い方の例

까지あなた(お前)まで
친구까지友達まで
부모님까지両親まで
까지私まで(タメ口)
까지私まで(敬語)
어른까지大人まで
까지神様まで
강아지까지ワンちゃんまで

では、例文でも使い方を確認してみます。

  • 例文

까지 그럴 필요 없어.
あなたまでそうする必要はないよ。

하품 소리 때문에 나까지 하품해.
あくびのせいで私まであくびした。

강아지까지 키울 수는 없어요.
ワンちゃんまで飼うことはできないです。

まとめ

本記事では「〜まで」の韓国語까지を解説しました。
使い方には次の3つがありましたね。

  • ①:場所の「まで」
  • ②:時間・順番の「まで」
  • ③:生き物の「まで」

また、上記とセットで「〜から」の韓国語も学習しておくと良きです。
»「〜から」の韓国語「에서, 부터, 에게서/한테서」

もしよろしければ、SNSで拡散して頂けますと嬉しいです。なお、質問は「Twitter」で受け付けておりますので、困りごとがありましたらお気軽にどうぞ🙇‍♀️
» こり(@kore_creator)

最後まで読んで頂きありがとうございます。