【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
文法

「です/ます」の韓国語「아요/어요」をわかりやすく解説【丁寧語】

「です・ます」の韓国語「아요/어요」を学ぼう!【丁寧語】

韓国語아요/어요を解説します。

なお、その他の丁寧表現は、以下の記事で解説しております。

「です/ます」の韓国語「아요/어요」

一見ムズカしそうですが、たった2つの手順で作れます。

手順①
語幹の母音にㅏ/ㅗがあるか見る
手順②
・母音がㅏ/ㅗなら아요をつける
・母音がㅏ/ㅗ以外なら어요をつける

「意味わからん…」と思うかもですが、本記事を読み終えれば、この意味が理解できるはずです。

順番に解説します。

手順①

語幹の母音にㅏ/ㅗがあるか見る

まずは、語幹と母音をチェックします。
例えば、보다(見る)の語幹と母音は以下の通り。

  • 語幹:
  • 母音:

ちなみに、母音がどこかわからない…という方は、ハングル表をご覧ください。
縦のライン(青枠)が母音です。

他の単語も見てみよう。
  • 가다:語幹は「」、母音は「
  • 보다:語幹は「」、母音は「
  • 먹다:語幹は「」、母音は「
  • 있다:語幹は「」、母音は「

こんな感じ。母音を確認したら手順①は終わりです。

手順②

母音がわかったら、手順②です。

  • 母音がㅏ/ㅗなら아요をつける
  • 母音がㅏ/ㅗ以外なら어요をつける

手順①でチェックした母音を再度ご覧ください。

  • 가다:語幹は「」、母音は「
  • 보다:語幹は「」、母音は「
  • 먹다:語幹は「」、母音は「
  • 있다:語幹は「」、母音は「

手順②に当てはめてみると「가다と보다」が上、「먹다と있다」が下となりますね。あとは、それぞれに아요어요をつけるだけ。

  • 가다 → 아요(行きます)
  • 보다 → 아요(見ます)
  • 먹다 → 어요(食べます)
  • 있다 → 어요(あります)

はい、これで完成です。少しややこしいかもですが手順通りにやればカンタン。

例外:하다(する)

例外があります。それが、하다(する)という単語。
これを丁寧語にすると、以下のようになります。

하다→해요or하여요

さっきの手順が当てはまらないので、無理やり覚えてください(笑)

「하여요」はあまり使われないので、해요だけ覚えておけばOK!
  • 例文

사랑해요.
愛してます。

한국어를 공부해요.
韓国語を勉強します。

「아요/어요」の疑問形

疑問形は、文の最後に「?」をつけるだけ。

밥을 먹어요?
ごはんを食べますか?

「です・ます」の韓国語「아요/어요」は短縮ができる

さて、手順に沿って丁寧語を作ってみました。

  • 가다 → 가아요
  • 보다 → 보아요
  • 먹다 → 먹어요
  • 있다 → 있어요

この中で、もう少し短縮できる単語があります。それが가아요보아요

  • 가아요 → 가요
  • 보아요 → 봐요

上記が短縮版です。「まじかよ。」と思うかもですが、ルールがあるので、ご安心ください。

  • ①:아+아=「
  • ②:오+아=「
  • ③:어+어=「
  • ④:이+어=「
  • ⑤:우+어=「

具体例を出してみます。

①:아+아=「아」
例)가다:가아요→가요
②:오+아=「와」
例)보다:보아요→봐요
③:어+어=「어」
例)서다:서어요→서요
④:이+어=「여」
例)치다:치어요→쳐요
⑤:우+어=「워」
例)배우다:배우어요→배워요

たぶん最初の3日くらいはシンドイかもです…ですが、すぐ慣れます。

  • 例文

例①:학교에 가요.
意味:学校に行きます。

例②:영화를 봐요.
意味:映画を見ます。

例③:줄을 서요.
意味:列に並びます。

例④:피아노를 쳐요.
意味:ピアノを弾きます。

例⑤:한국어 문법을 배워요.
意味:韓国語の文法を習います。

まとめ

丁寧語を作る手順2つです。

手順①
語幹の母音にㅏ/ㅗがあるか見る
手順②
・母音がㅏ/ㅗなら아요をつける
・母音がㅏ/ㅗ以外なら어요をつける
「하다」は例外です。
하다→해요or하여요
以下の場合は、短縮できます。
  • ①:아+아=「
  • ②:오+아=「
  • ③:어+어=「
  • ④:이+어=「
  • ⑤:우+어=「

以上、ファイティン!