韓国語が学べる例文集をnoteで発売中!詳細はこちら »
文法

「せっかく」を意味する韓国語「이왕 / 기왕, 기껏, 모처럼」の使い方&違い【例文付き】

「せっかく」を意味する韓国語「이왕 / 기왕, 기껏, 모처럼」をわかりやすく解説【違いも】

「せっかく」の韓国語이왕/기왕,기껏,모처럼を解説します。

  • 使えるシーン
  • せっかくだから外でお昼食べよっか?
  • せっかくやるならしっかりやりたい。
  • せっかくの休日だから外で遊ぼう!
  • せっかく来たのにもう帰らなきゃ…。
  • せっかくの休みなのに1日中寝てた。
  • せっかく来たのに売れ切れだって…。

こういった文章を作れるようになります。

「せっかく」を意味する韓国語「이왕 / 기왕, 기껏, 모처럼」の解説【違いも】

「せっかく」は韓国語で이왕/기왕,기껏,모처럼といいます。
それぞれの違いは以下のとおり。

  • 3つの違い
韓国語使える場面(例)日常で使う頻度
이왕, 기왕せっかく〜だから
기껏せっかく〜なのに
모처럼せっかく〜だから
せっかく〜なのに

補足:日常での使用頻度は、あくまで「傾向」です。言うまでもなく「使う人や場面、時代」などで変化するものなので必ずしもその限りではないということご了承ください

それぞれの文法をさらに深堀ります。
よければ、最後までお付き合いください。

  • もくじ

1.이왕, 기왕 の解説

まずは、이왕/기왕を解説します。

이미 정하여진 사실로서 그렇게 된 바에.
>> すでに決められた事実からそうなったからには。

이미 그렇게 된 바에.
>> すでにそうなったからには。

これを見て、なぜ이왕/기왕の2つがあるのか?それぞれの違いは何?と気になった方もいるはず。
結論、それぞれに違いはなく、同じ意味で使えます。

実際に韓国人にも聞いてみましたが「同意見」でした。
なのでどちらを使っても問題なしです。

先ほどの辞書の説明をもう少しわかりやすい言葉に置き換えてみます。
次をご覧ください。

  • すでに決められた事実 → もう結果が出ている
  • そうなったからには → それなら!

何となくシチュエーションがわかりましたかね。つまり、이왕/기왕=「もう結果が出ちゃったし、それなら!」といった感じです。「ポジティブな場面」で使えます。

例えば、以下をご覧ください。

  • 이왕 / 기왕 이렇게 된거 그냥 신나게 놀자!
    せっかくこうなったんだから楽しく遊ぼう!
  • 이왕 / 기왕 여기까지 온거 들어와서 좀 쉬고 가.
    せっかくここまで来たんだからあがってちょっと休んでいきな。
  • 이왕 / 기왕 가는거 좋은 사진도 많이 찍고 오려고요.
    せっかく行くんだから良い写真もたくさん撮ってこようと思います。

補足:「せっかく〜なのに」のようにネガティブ(逆接)に表現したい場合は기껏を使うのが自然です。詳しくは次のパートで解説します

上記のとおりでして、特に以下の「型」がよく使われます。

  • 이왕 / 기왕 ~하는거
    → せっかく〜するんだから
  • 이왕 / 기왕 ~한거
    → せっかく〜したんだから
  • 이왕 / 기왕 ~할거
    → せっかく〜する予定なんだから

その他の例文もお見せします。

  • 例文

이왕 / 기왕 선물할거 받는 사람이 좋아하는걸로 보내는게 좋겠지.
せっかくプレゼントするなら受け取る人が好きなものを送ったほうがいいよね。

이왕 / 기왕 노래 부를거 그냥 춤도 춰버리자!
せっかく歌うんだからダンスも踊ろう!

이왕 / 기왕 유튜브 할거면 제대로 영상 올리고 싶어요.
せっかくYoutubeやるならしっかり動画をあげたいです。

2.기껏 の解説

続いて、기껏を解説します。

힘이나 정도가 미치는 데까지.
>> 力や程度が及ぶところまで。

上記を分解してみます。
次のとおり。

  • :気力
  • :が届くところまで

つまり「精一杯」という意味なのですが、理解をさらに深めるために他のを使った例も紹介します。

  • 마음껏:思いっきり
    → 마음 (気持ち) +껏 (が届くところまで)
  • 힘껏:力一杯
    → 힘 (力) +껏 (が届くところまで)
  • 정성껏:心をこめて
    → 정성 (真心) +껏 (が届くところまで)
  • 기껏:精一杯
    → 기 (気力) +껏 (が届くところまで)

上記を実際の例文に当てはめると、次のようになります。

  • 마음껏 놀다(思いっきり遊ぶ)
  • 힘껏 던지다(力一杯投げる)
  • 정성껏 만들다(心をこめて作る)
  • 기껏 찾다 (精一杯探す)

使い方は何となく理解できましたよね。しかし、ここまでを読んだ方の中で、なぜ「精一杯 = せっかく」となるのか?と思う方もいるはず。ですが、よく考えたら似たような意味じゃないですかね?日本語で「せっかく〜したのに…」と言うときって「精一杯〜したのに…」と言い換えることも可能ですよね。

ここで1点注意でして、기껏を使うときは文全体が「逆接」になります。
例えば、以下をご覧ください。

  • 기껏 왔는데 벌써 돌아가야 해…
    せっかく来たのにもう帰らなきゃ…。
  • 기껏 일찍 나왔는데 지하철에 사람이 많아서 못 탔어.
    せっかく早く出たのに駅に人が多くて乗れなかった。
  • 기껏 만들어줬더니 왜 안 먹었냐.
    せっかく作ったのになんで食べないの。

上記のとおりで는데などとセットで用いて「せっかく〜なのに」という文脈になります。繰り返しですが、기껏を使う場合は文章が「逆接」になるので注意です。

その他の例文もお見せします。

  • 例文

기껏 사러 왔는데 내가 사려는 것만 품절이래…
せっかく買いに来たのに私が買おうとしたのだけ売れ切れだって…。

기껏 부모님이 학비를 내줬는데 중간에 그만두는건 미안하잖아요.
せっかく両親が学費を出してくれたのに途中でやめるのは申し訳ないじゃないですか。

기껏 휴일인데 이른 아침에 나가야 돼요.
せっかくの休日なのに朝早く出なきゃです。

3.모처럼 の解説

最後に、모처럼を解説します。

1.벼르고 별러서 처음으로.
>> 待ちに待って初めて。

2.일껏 오래간만에.
>> 苦労して久しぶりに。

※ 少し謝罪です。上記をもとに解説しようと思ったのですが、難しいのでやめます。というのも、個人的になぜ上記の2つに分割したのか?が理解できなかったからです。なので、ここからは理解できない辞書の説明ではなく、私の経験則にもとづいた解説をします。ご了承くださいませm(_ _)m

結論からいうと모처럼「めったにない機会を得たとき」に使います。日本語の「せっかく」と意味は同じと考えてOKです。しかし、先ほどにも話したとおり이왕기껏に比べると日常会話での使用頻度が若干落ちるので優先して使うものでもないです。とはいえ、使われる場面もあるにはあるので知っておいて損なしです。

先に모처럼の型を以下にまとめました。
この後に例文付きで解説するので、まずはさらっとご覧ください。

  • 모처럼이니까:せっかくだから
  • 모처럼:せっかく
    ↳ 모처럼 ~니까(せっかく〜だから)
    ↳ 모처럼 ~는데(せっかく〜なのに)
  • 모처럼의:せっかくの
    ↳ 모처럼의 ~니까(せっかくの〜だから)
    ↳ 모처럼의 ~인데(せっかくの〜なのに)

他にもありますが、代表的な使い方は上記のとおり。
続いて、実際の例文をご覧ください。

  • 모처럼이니까 맛있는거 먹고 가야지.
    せっかくだからおいしいの食べていかなきゃね。
  • 모처럼의 휴일이니까 나가서 놀자!
    せっかくの休みだから外に出て遊ぼう!
  • 모처럼 케이크 만들어줬으니까 먹어야겠네.
    せっかくケーキ作ってくれたんだから食べなきゃね。
  • 모처럼 만났는데 벌써 돌아가야 해…
    せっかく会ったのにもう帰らなきゃ…。
  • 모처럼 왔는데 왜 가버리냐고.
    せっかく来たのになんでもう行くの。

上記のとおりで、理由の니까がつくと「せっかく〜なんだから」という意味になります。一方で、逆接の는데がつくと「せっかく〜なのに」という意味になります。

  • 例文

모처럼의 쉬는 날인데 하루종일 누워있었어요.
せっかくの休みなのに1日中ゴロゴロしてました。

모처럼이니까 나가서 점심 먹을까?
せっかくだから外に出てお昼食べよっか?

모처럼 산책 나가려고 했는데 갑자기 비가 내리기 시작했어요.
せっかく散歩しようと思ったのにいきなり雨が降り始めました。

まとめ

「せっかく」の韓国語이왕/기왕,기껏,모처럼を解説しました。
それぞれの違いは以下のとおりでしたね。

韓国語使える場面(例)日常で使う頻度
이왕, 기왕せっかく〜だから
기껏せっかく〜なのに
모처럼せっかく〜だから
せっかく〜なのに

それぞれの復習をもう一度したい方は以下のリンクからどうぞ。

もしよろしければ、SNSで拡散して頂けますと嬉しいです。なお、質問は「Twitter」で受け付けておりますので、困りごとがありましたらお気軽にどうぞ🙇‍♀️
» こり(@kore_creator)

最後まで読んで頂きありがとうございます。