韓国語が学べる例文集をnoteで発売中!詳細はこちら »
文法

「〜を」を意味する韓国語「 를 / 을 」の使い方【例外5つあり/例文付き】

「〜を」を意味する韓国語「 를 / 을 」の使い方をわかりやすく解説【例外5つあり/例文付き】

「〜を」の韓国語를/을を解説します。

  • 使えるシーン
  • 信じてください。
  • ごはん食べます。
  • 映画観ます。

こういった文章を作れるようになります。
記事の後半では「例外」も5つ紹介します。

「〜を」を意味する韓国語「 를 / 을 」の解説【作り方/パッチムの使い分け】

まずは를/을の作り方を解説します。
以下をご覧ください。

  • 「 를 / 을 」の作り方
名詞+를/을

「名詞の後ろ」にくっつけて使います。
なお「パッチム」で使い分けが必要です。

  • ①:名詞の最後にパッチムなし →
  • ②:名詞の最後にパッチムあり →

上記のとおり。
順番に解説します。

①:名詞の最後にパッチムなし → 를

名詞の最後にパッチムがないときは「名詞+」の形になります。
例えば、以下をご覧ください。

  • (私を)
  • 야구(野球を)
  • 영화(映画を)

補足:「名詞の最後」とは上記の例でいう「 」と「 ( 야구 ) 」と「 ( 영화 ) 」に該当します。それぞれ「パッチムがない」状態ですよね。よって後ろにはがつくということです

믿어 주세요.
私を信じてください。

야구 해요.
野球をします。

영화 봐요.
映画を観ます。

②:名詞の最後にパッチムあり → 을

名詞の最後にパッチムがあるときは「名詞+」の形になります。
例えば、以下をご覧ください。

  • (ごはんを)
  • (本を)
  • 그것(それを)

補足:「名詞の最後」とは上記の例でいう「 」と「 」と「 ( 그것 ) 」に該当します。それぞれ「パッチムがある」状態ですよね。よって後ろにはがつくということです

먹어요.
ごはんを食べます。

읽어요.
本を読みます。

그것 주세요.
それをください。

「〜を」の韓国語「 를 / 을 」の例外5つ

先ほどに를/을の使い分けは「パッチムの有無」で決まると説明しました。
そのうえで、特殊な作り方をする「例外」が5つあります。

  • ①:~를/을 알다/모르다(~がわかる / わからない)
  • ②:~를/을 좋아하다/싫어하다(~が好きだ / 嫌いだ)
  • ③:~를/을 잘하다/못 하다(~が上手だ / 下手だ)
  • ④:~를/을 타다(~に乗る)
  • ⑤:~를/을 만나다(~に会う)

1つずつ順番に解説します。

例外①:~를/을 알다, ~를/을 모르다

  • ~를/을 알다:~がわかる
  • ~를/을 모르다:~がわからない

※「~をわかる/わからない」が直訳ですが、韓国語的にはこれが正しい文法です。慣れないうちは「를/을 알다, 를/을 모르다 = 〜がわかる/わからない」と脳内変換しましょう

영어를 알아요.
英語がわかります。

영어를 몰라요.
英語がわかりません。

韓国語サイト『こりの日常会話』の運営者「こり」のプロフィール画像
こういった例外は「無理やり」覚えることをオススメします。
あれこれ考えても意味ないので。根性です。

例外②:~를/을 좋아하다, ~를/을 싫어하다

  • ~를/을 좋아하다:~が好きだ
  • ~를/을 싫어하다:~が嫌いだ

※「~を好きだ/嫌いだ」が直訳ですが、韓国語的にはこれが正しい文法です。慣れないうちは「를/을 좋아하다, 를/을 싫어하다 = 〜が好きだ/嫌いだ」と脳内変換しましょう

떡볶이를 좋아해요.
トッポギが好きです。

떡볶이를 싫어해요.
トッポギが嫌いです。

例外③:~를/을 잘하다, ~를/을 못 하다

  • ~을/를 잘하다:~が上手だ
  • ~를/을 못 하다:~が下手だ

※「~を上手だ/下手だ」が直訳ですが、韓国語的にはこれが正しい文法です。慣れないうちは「를/을 잘하다, 를/을 못 하다 = 〜が上手だ/下手だ」と脳内変換しましょう

한국어를 잘해요.
韓国語が上手です。

한국어를 못 해요.
韓国語が下手です。

例外④:~를/을 타다

~를/을 타다:~に乗る

※「~を乗る」が直訳ですが、韓国語的にはこれが正しい文法です。慣れないうちは「를/을 타다 = 〜に乗る」と脳内変換しましょう

비행기를 타요.
飛行機に乗ります。

를 타요.
車に乗ります。

韓国語サイト『こりの日常会話』の運営者「こり」のプロフィール画像
今回は飛行機を例にしていますが、他の乗り物(電車、自転車、バイク…etc)も同様に「를/을 타다 = 〜に乗る」となるよ。

例外⑤:~를/을 만나다

~를/을 만나다:~に会う

※「~を会う」が直訳ですが、韓国語的にはこれが正しい文法です。慣れないうちは「를/을 만나다 = 〜に会う」と脳内変換しましょう

친구를 만나요.
友達に会います。

가족을 만나요.
家族に会います。

まとめ

「〜を」の韓国語를/을を解説しました。
를/을は、パッチムの有無で使い分けます。

  • ①:名詞の最後にパッチムなし →
  • ②:名詞の最後にパッチムあり →

そして、를/을の例外5つも紹介しました。

  • 例外①:~를/을 알다/모르다(~がわかる/わからない)
  • 例外②:~를/을 좋아하다/싫어하다(~が好きだ/嫌いだ)
  • 例外③:~를/을 잘하다/못 하다(~が上手だ/下手だ)
  • 例外④:~를/을 타다(~に乗る)
  • 例外⑤:~를/을 만나다(~に会う)

繰り返しですが、例外はとにかく覚えるのみです。
ファイティン!!

もしよろしければ、SNSで拡散して頂けますと嬉しいです。なお、質問は「Twitter」で受け付けておりますので、困りごとがありましたらお気軽にどうぞ🙇‍♀️
» こり(@kore_creator)

最後まで読んで頂きありがとうございます。