「〜してみる」の韓国語「아/어 보다」をわかりやすく解説!

「〜してみる」の韓国語「아/어 보다」をわかりやすく解説!

「〜してみる」の韓国語아/어 보다を解説します。

  • 使えるシーン
・韓国語を勉強してみる
・韓国料理を食べてみる
・K-POPを聞いてみる
こんな文章を作れるようになります。
  • この記事を書いた人

こり twitter-icon

  • 韓国クリエイター
  • 韓国語歴5年
  • ソウル留学
  • TOPIK6級
韓国語教室のおすすめ7選|比較ランキング+選び方も

おすすめの韓国語教室が知りたい!
おすすめスクール7社+口コミを紹介します。無料体験レッスンも実施中です!

「〜してみる」の韓国語【아/어 보다】

まずは作り方から。次のとおりです。

  • 作り方
動詞の아/어形보다

※今回の「してみる」を作るにあたっては、事前に아/어形の知識が必要です。作り方の詳細は、韓国語の丁寧語「です・ます(아요/어요)」を学ぼうで解説しています。

  • 意味と使い方
「〜してみる」という意味になります。
例)勉強してみる、食べてみる、行ってみる、など

「〜してみる」は、「あることを試してみる」といったニュアンスになります。

専門用語では、「補助動詞」というのですが、これを覚える必要はナシです。
ちなみに、動詞の「見る」とは意味が異なります。

・補助動詞の「みる」:行ってみる
・動詞の「見る」:行って見る

今回習っている「みる」は、「韓国に行ってみたい」というように「あることを試してみるとき」に使うものですが、これを動詞の「見る」へ置き換えると、「韓国に行って、見る」となり、「実際になにかを見る」という意味になってしまいます。

ここでつまずく方はいないと思いますが、念のために説明しました。

代表的な動詞をいくつかピックアップしてみました!
基本の形아/어形아/어+보다(してみる)
하다(する)해보다(してみる)※
가다(行く)가보다(行ってみる)
만나다(会う)만나보다(会ってみる)
오다(来る)와보다(来てみる)
먹다(食べる)먹어보다(食べてみる)
듣다(聞く)들어보다(聞いてみる)
읽다(読む)읽어보다(読んでみる)

하다の場合、하보다ではなく、해보다となります。少し特殊なので、ご注意下さい。

例文で確認しましょう。

매운 라면을 먹어봤어요.
辛いラーメンを食べてみました。

새로 나온 음악을 들어봐야겠다.
新しく出た音楽を聞いてみなきゃ。

한국어를 공부해볼게요.
韓国語を勉強してみます。

한국에 가봤어요.
韓国に行ってみました。

まとめ

今回学習した内容をまとめました。

  • 作り方
動詞の아/어形보다

아/어形の作り方は、韓国語の丁寧語「です・ます(아요/어요)」を学ぼうで解説しています。

  • 意味と使い方
「〜してみる」という意味になります。
例)勉強してみる、食べてみる、行ってみる、など

「〜してみる」は、「あることを試してみる」といったニュアンスになります。

以上、ファイティン!

タイトルとURLをコピーしました