韓国語が学べる例文集をnoteで発売中!詳細はこちら »
文法

「〜以外」を意味する韓国語「~이외」の使い方【例文付き】

「〜以外」を意味する韓国語「~이외」をわかりやすく解説

「〜以外」の韓国語~이외を解説します。

  • 使えるシーン
  • 韓国語以外は勉強したことがない。
  • 韓国語以外に中国語を学ぶ予定。
  • 韓国以外にも敬語を使う国はある?
  • インスタ以外にやってるSNSはない。
  • 東京は飲食店以外にもカフェが多い。
  • 家族以外の人との年末は初めて。

こういった文章を作れるようになります。

「〜以外」を意味する韓国語「~이외」

「〜以外」は韓国語で~이외といいます。
이외の漢字語 =「以外」なので覚えやすいですね。

일정한 범위나 한도의 밖.
>> 一定の範囲や限度の外。

なお言うまでもないですが、이외という言葉はそれ単体では使わずに、◯◯+이외(=◯◯以外)といった感じでセットで使います。「以外」だけでは意味不明なので、当たり前ですよね。

  • 重要:だけでもOK(むしろ、よく使う)

つまり、이외という関係です。は「外」という意味ですが、韓国語では「~외= 〜以外」という使い方も可能です。むしろ、の方が日常会話でよく使われます。

  • ◯◯ 외에는 = ◯◯ 이외에는(〜以外は、〜以外には)
  • ◯◯ 외에도 = ◯◯ 이외에도(〜以外も、〜以外にも)
  • ◯◯ 외에 = ◯◯ 이외에(〜以外に)
  • ◯◯ 외의 = ◯◯ 이외의(〜以外の)

補足:すでにお気づきかもですが、韓国では「 외는 = 이외는 」「 외도 = 이외도 」はほぼ使わず、외에는이외에는외에도이외에도をよく使います。使わない方を紹介しても意味ないので、あえて解説していません

百聞は一見に如かずです。
実際の例文をお見せします。

  • 한국어 외에는 아직 배우지 않은 언어가 많아요
    = 한국어 이외에는 아직 배우지 않은 언어가 많아요
    → 韓国語以外はまだ学んでいない言語が多いです
  • 한국어 외에 중국어를 배울 생각이에요
    = 한국어 이외에 중국어를 배울 생각이에요
    → 韓国語以外に中国語を学ぶ予定です
  • 한국어 외에도 존댓말이 들어가는 언어가 있나요?
    = 한국어 이외에도 존댓말이 들어가는 언어가 있나요?
    → 韓国語以外にも敬語がある言語はありますか?
  • 한국어 외의 다른 언어를 사용해도 되나요?
    = 한국어 이외의 다른 언어를 사용해도 되나요?
    → 韓国語以外の他の言語を使ってもいいですか?

※ 繰り返しですが、韓国語では이외よりもをよく使います(太字の方です)

なお、1つ注意があり、외(이외)の前は必ず「分かち書き(スペース空け)」をするのでお気をつけください m(_ _)m

  • 補足:~빼고~말고といった表現もある

それぞれ「빼고=除いて」「말고=ではない」という意味ですが、외에(이외에)と似た使い方が可能です。例えば、以下をご覧ください。

  • 여행 외에() 취미가 없어요
    → 旅行以外に(は)、趣味がないです
  • 여행 빼고() 취미가 없어요
    → 旅行以外に(は)、趣味がないです
  • 여행 말고() 취미가 없어요
    → 旅行以外に(は)、趣味がないです

補足:はあってもなくてもどっちでもOKですが、つけることで「意味を強調」させることができます

では最後に、もう少し例文を紹介して終わりにします。

  • 例文

인스타는 하는데 그 외에 하는 SNS는 딱히 없어요.
インスタはやってるけど、それ以外にやってるSNSは特にないです。

도쿄는 음식점 외에도 분위기 좋은 카페가 많아요.
東京は飲食店以外にも雰囲気の良いカフェが多いです。

가족 외의 사람이랑 크리스마스를 보내는 건 처음이에요.
家族以外の人とクリスマスを過ごすのは初めてです。

まとめ

「〜以外」の韓国語~이외を解説しました。
~외単体でもOKでして、むしろこちらをよく使います。

  • ◯◯ 외에는 = ◯◯ 이외에는(〜以外は、〜以外には)
  • ◯◯ 외에도 = ◯◯ 이외에도(〜以外も、〜以外にも)
  • ◯◯ 외에 = ◯◯ 이외에(〜以外に)
  • ◯◯ 외의 = ◯◯ 이외의(〜以外の)

また、補足として~빼고~말고といった表現も紹介しました。~외에(이외에)と似た使い方が可能です。

もしよろしければ、SNSで拡散して頂けますと嬉しいです。なお、質問は「Twitter」で受け付けておりますので、困りごとがありましたらお気軽にどうぞ🙇‍♀️
» こり(@kore_creator)

最後まで読んで頂きありがとうございます。