【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
文法

「〜が」の韓国語【가/이】をわかりやすく解説!【例外3つあり】

「〜が」の韓国語【가/이】をわかりやすく解説!【例外3つあり】

「〜が」の韓国語가/이を解説します。

  • 使えるシーン
  • 天気いいです。
  • 小さいです。

こんな文章を作れるようになります。

韓国語の助詞「~が(가/이)」

まずは、作り方からです。

  • 作り方
名詞+가/이

なお、パッチムで使い分けが必要です。

  • ①:名詞の最後にパッチムなし→
  • ②:名詞の最後にパッチムあり→

順番に解説します。

①:名詞の最後にパッチムなし→ 가

名詞の最後にパッチムがないときは、「名詞+」の形になります。

  • 날씨(天気が)
  • 커피(コーヒーが)
  • (背が)
  • 例文

날씨 좋아요.
天気がいいです。

커피 맛있어요.
コーヒーがおいしいです。

커요.
背が高いです。

②:名詞の最後にパッチムあり→ 이

名詞の最後にパッチムがあるときは、「名詞+」の形になります。

  • 가방(カバンが)
  • (水が)
  • (服が)
  • 例文

가방 무거워요.
カバンが重いです。

차가워요.
水が冷たいです。

작아요.
服が小さいです。

韓国語の助詞「~が(가/이)」【例外3つ】

先ほど説明した法則が成り立たない例外が3つあります。

どれも重要なので、覚えておきましょう。

  • 例外①:제가(私が)
  • 例外②:내가(私が)
  • 例外③:누가(だれが)

順番に解説します。

例外①:제가

제가 도와드릴게요.
私が手伝ってあげます。

本来なら、저가(私が)になりそうですが、これはバツ。
「저가」ではなく、「제가(私が)」となります。

例外②:내가

내가 할게.
私がするよ。

「나(私)」も「나가(私が)」ではなく、내가(私が)となります。

※ちなみに、「저」と「나」はどちらも「私」という意味ですが、だれに使うかで使い分けが必要です。

  • 저(私):目上の人(先輩や社長)
  • 나(私):目下の人(友人や家族)

例外③:누가

누가 범인일까요?
だれが犯人でしょうか?

本来なら、「누구가(だれが)」となりそうですが、真ん中の「구」が省略されて、누가(だれが)となります。

まとめ

韓国語「가/이(~が)」の文法はパッチムの有無で使い分けます。

  • ①:名詞の最後にパッチムなし→
  • ②:名詞の最後にパッチムあり→

そして、가/이の例外3つです。

  • 例外①:제가(私が)
  • 例外②:내가(私が)
  • 例外③:누가(だれが)

例外はとにかく覚えよう!ファイティン!!