韓国語が学べる例文集をnoteで発売中!詳細はこちら »
文法

「〜が」を意味する韓国語「 가 / 이 」の使い方【例外3つあり/例文付き】

「〜が」を意味する韓国語「 가 / 이 」の使い方をわかりやすく解説【例外3つあり/例文付き】

「〜が」の韓国語가/이を解説します。

  • 使えるシーン
  • 天気いいです。
  • 作りました。
  • だれ来たの?
  • 小さいです。
  • カバン重いです。

こういった文章を作れるようになります。

「~が」を意味する韓国語「 가 / 이 」の使い方

まずは가/이の作り方を解説します。
以下をご覧ください。

  • 「 가 / 이 」の作り方
名詞+가/이

「名詞の後ろ」にくっつけて使います。
なお「パッチム」で使い分けが必要です。

  • ①:名詞の最後にパッチムなし→
  • ②:名詞の最後にパッチムあり→

上記のとおり。
順番に解説します。

①:名詞の最後にパッチムなし → 가

名詞の最後にパッチムがないときは「名詞+」の形になります。
例えば、以下をご覧ください。

  • 날씨(天気が)
  • 커피(コーヒーが)
  • (背が)

補足:「名詞の最後」とは上記の例でいう「 ( 날씨 ) 」と「 ( 커피 ) 」と「 」に該当します。それぞれ「パッチムがない」状態ですよね。よって後ろにはがつくということです

  • 例文

날씨 좋아요.
天気がいいです。

커피 맛있어요.
コーヒーがおいしいです。

커요.
背が高いです。

②:名詞の最後にパッチムあり → 이

一方で名詞の最後にパッチムがあるときは「名詞+」の形になります。
例えば、以下をご覧ください。

  • 가방(カバンが)
  • (水が)
  • (服が)

補足:「名詞の最後」とは上記の例でいう「 ( 가방 ) 」と「 」と「 」に該当します。それぞれ「パッチムがある」状態ですよね。よって後ろにはがつくということです

  • 例文

가방 무거워요.
カバンが重いです。

차가워요.
水が冷たいです。

작아요.
服が小さいです。

「~が」の韓国語「 가 / 이 」の例外3つ

先ほどに가/이の使い分けは「パッチムの有無」で決まると説明しました。
そのうえで、特殊な作り方をする「例外」が3つあります。

  • 例外①:제가(私が)
  • 例外②:내가(私が)
  • 例外③:누가(だれが)

これだけでは意味不明ですよね。
順番に解説します。

例外①:제가

제가は「私が」という意味です。
しかし「私」の韓国語はのはずですよね。
※ 初めて知った方はググってみてください

よって、本来なら「저가」となるはず。
ですがこれは「間違い」です。

「私が」は제가と言います。
例えば、以下のように使います。

  • 例文

제가 도와드릴게요.
私が手伝ってあげます。

제가 만들었어요.
私が作りました。

제가 먹었어요.
私が食べました。

ここまでを読み、なぜ제가になるのか?と気になるかもですが、回答は「文法がそうだから」としか言いようがありません。よって、少しきついかもですが「例外として暗記する」しかないです。とはいえ、本例外を含め3つだけしかないのでそこまで苦じゃないはず。

例外②:내가

내가も「私が」という意味です。
こちらの原型は(私)になります。

あれ、例外①と同じ意味では?と思ったはず。
それぞれ違いは以下のとおり。

  • 저(私):目上の人(先輩や社長)=敬語
  • 나(私):目下の人(友人や家族)=タメ口

補足:日本語訳すると女性の場合は敬語・タメ口に関係なく「私」と言うので分かりづらいかもですが、男性の場合は「私、僕、俺」と相手の立場によって主語が変化しますよね。しかし、韓国では「男女間の区分」がありません。つまり、男女関係なく敬語の場面ではを使い、タメ口の場面ではを使うということです

本題に戻ります。「私」の韓国語は「나(タメ口)」と言いますが、実際の会話で「私が」と言いたいときは「나가」ではなく내가となります。

例えば、以下のように使います。

  • 例文

내가 할게.
私がするよ。

내가 샀어.
私が買った。

내가 쓸 거야.
私が使うつもり。

※ 繰り返しですが、내가はタメ口なので「俺が」や「僕が」と訳してもOKです

例外③:누가

누가も「だれが」という意味です。
こちらの原型は누구(だれ)になります。

つまり、韓国語で「だれが」と言いたいときは「누구 + 가 = 누구가」ではなくて「누구 + 가 = 누가」になるということです。「구」が省略されるということですね。

  • 例文

누가 범인일까요?
だれが犯人でしょうか?

누가 왔어?
だれが来た?

누가 먹었어요?
だれが食べたんですか?

再度繰り返しですが、例外について「なぜそうなるのか?」は気にしなくてOKです。そういう文法だからそうなるとしか言いようがないからです。例外は3つだけなので覚えちゃいましょう。

まとめ

「〜が」の韓国語가/이を解説しました。
「パッチムの有無」で使い分けます。

  • ①:名詞の最後にパッチムなし→
  • ②:名詞の最後にパッチムあり→

そして、가/이の例外3つです。

  • 例外①:제가(私が)
  • 例外②:내가(私が)
  • 例外③:누가(だれが)

もしよろしければ、SNSで拡散して頂けますと嬉しいです。なお、質問は「Twitter」で受け付けておりますので、困りごとがありましたらお気軽にどうぞ🙇‍♀️
» こり(@kore_creator)

最後まで読んで頂きありがとうございます。