【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
文法

「もっと」の韓国語「더」をわかりやすく解説【’또’との違いも】

「もっと」の韓国語「더」をわかりやすく解説【'또'との違いも】

「もっと」の韓国語を解説します。

  • 使えるシーン
  • もっと食べたいけど太りそう。
  • もっと寝たいけど出勤しなきゃ。
  • 昨日よりもっと早く起きた。
  • TOPIKが予想よりもっと良かった。
  • 今年は昨年よりもっと寒い気がする。

こういった文章を作れるようになります。

  • 余談:筆者オススメの文法書
¥2,970Amazonで探す
» 使ってみた感想
できる韓国語(初級Ⅰ)¥2,200Amazonで探す
» 使ってみた感想
ゼロからしっかり学べる!韓国語「文法」トレーニング¥1,870Amazonで探す

詳しくは以下をご覧ください。
» 初心者におすすめの韓国語勉強本13選

スポンサーリンク

「もっと」の韓国語「더」

「もっと」は韓国語でといいます。
「Naver辞典」の意味をご覧ください。

  • 「더」の意味(Naver辞典)

1. 계속하여. 또는 그 위에 보태어
直訳:継続して、またはその上に加えて

2. 어떤 기준보다 정도가 심하게. 또는 그 이상으로
直訳:ある基準より程度が大きく、またはそれ以上に

引用:Naver辞典

2つの意味があります。
順番に解説します。

1.追加の「더」

「もっと食べる」や「もっとください」のように「加えてさらに〜」という意味で使えます。

  • 먹고 싶은데 살 찔까봐 못 먹겠다
    もっと食べたいけど太りそうで食べれない
    → 追加で「食べる」
  • 조금 기다려보기로 했다
    もう少し待つことにした
    → 追加で「待つ」
  • 사진을 한번 찍었다
    写真をもう1回撮った
    → 追加で「撮る」

上記のとおりですが、よく見ると「조금 더=もう少し」「한번 더=もう1回」といった表現がありますよね。実は「더」単体であればシンプルに「もっと」という意味になるのですが、これにある単語を組み合わせることで「더」を応用することもできます。

조금 더 ( 縮約:좀 더 )もう少し
한번 더もう1回
하나 더もう1つ
더 이상これ以上

補足1:をつけることで「조금 더(좀 더)=もう少しだけ、한번 더=もう1回だけ、하나 더=もう1つだけ」という意味になります

補足2:「하나 더」に単位をつけて「한 더=もう1個、한 가지 더=もう1種類、한 시간 더=もう1時間、한 더=もう1人」と表現することも可能です

補足3:조금について詳しくは「「少し/ちょっと」の韓国語「조금, 좀」を解説【違いも】」で解説しています

  • 例文

자고 싶은데 출근 준비를 해야 돼요.
もっと寝たいんだけど出勤準備をしなければいけません。

좀만 쉬고 공부할게요.
もう少しだけ休んでから勉強します。

이상 참을 수가 없어요.
これ以上我慢できません。

2.程度の「더」

「もっと早く」や「もっと安く」のように「ある基準より程度が大きく〜」という意味で使えます。
例えば、以下をご覧ください。

  • 어제보다 일찍 일어났다
    昨日よりもっと早く起きた
    → もともとの「早さ」以上に
  • 어떡하면 싸게 살 수 있을지 알고 싶다
    どうすればもっと安く買えるのか知りたい
    → もともとの「値段」以上に
  • TOPIK시험 결과가 예상보다 좋게 나왔다
    TOPIK試験の結果が予想よりもっと良かった
    → もともとの「予想」以上に

先ほどに解説したの意味とは異なりますよね。

  • よくある質問:’또’との違いは?

回答:は「また」という意味です。
百聞は一見に如かずなので例文をご覧ください。

  • 먹고 싶다(もっと食べたい)
    → 今食べてるが、追加でさらに食べたい
  • 먹고 싶다(また食べたい)
    → 今度、食べる機会があれば食べたい

もう1つ例を出します。

  • 일찍 일어났다(もっと早く起きた)
    → (例えば、昨日より)もっと早く起きた
  • 일찍 일어났다(また早く起きた)
    → (例えば、昨日に引き続き)また早く起きた

明らかに意味が違いますよね。について詳しくは「「また」の韓国語「또, 다시」を解説【違いも】」で解説しています。

  • 例文

기대가 점점 커지고 있어요.
期待がだんだんと大きくなっています。

이 찌개가 생각보다 매워요.
このチゲが思ったよりもっと辛いです。

올해 겨울이 작년보다 추운 것 같아요.
今年の冬は昨年よりもっと寒い気がします。

スポンサーリンク

まとめ

「もっと」の韓国語を解説しました。
大きくわけて使い方が2つありましたね。

  • 追加の「
    →「加えてさらに」というニュアンス
    例)もっと食べたい、もっと寝たい
  • 程度の「
    →「ある基準より程度が大きく」というニュアンス
    例)もっと早く起きる、去年よりもっと寒い

日本と同様に、韓国でもよく使う文法です。
何度も復習しつつ使い方を覚えてみてください(^^)

もしよろしければ、SNSで拡散して頂けますと嬉しいです。なお、質問は「Twitter」で受け付けておりますので、困りごとがありましたらお気軽にどうぞ🙇‍♀️
» こり(@kore_creator)

最後まで読んで頂きありがとうございます。