【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
文法

「いつの間にか」の韓国語「어느새」をわかりやすく解説【’어느샌가’との違いも】

「いつの間にか」の韓国語「어느새」をわかりやすく解説【'어느샌가'との違いも】

「いつの間にか」の韓国語어느새を解説します。

  • 使えるシーン
  • いつの間にか、1年が経った。
  • いつの間にか、とても寒くなった。
  • いつの間にか、深夜の3時になった。

こういった文章を作れるようになります。

  • 余談:筆者オススメの文法書
¥2,970Amazonで探す
» 使ってみた感想
できる韓国語(初級Ⅰ)¥2,200Amazonで探す
» 使ってみた感想
ゼロからしっかり学べる!韓国語「文法」トレーニング¥1,870Amazonで探す

詳しくは以下をご覧ください。
» 初心者におすすめの韓国語勉強本13選

スポンサーリンク

「いつの間にか」の韓国語「어느새」

「いつの間にか」は韓国語で어느새といいます。
以下にある「Naver辞典」の意味をご覧ください。

  • 「어느새」の意味(Naver辞典)

어느 틈에 벌써
直訳:ある間にもう

太字のみ引用:Naver辞典

「知らないうちにある状態になっていた」という意味です。
例えば、以下をご覧ください。

  • 어느새 1년이 지났다
    いつの間にか1年が過ぎた
  • 어느새 날이 추워졌다
    いつの間にか寒くなった
  • 어느새 새벽이 됐다
    いつの間にか深夜になった

上記のように、使い方は日本語と同じです。
ここで2つ補足します。

  • 補足1:어느샌가

先ほどに解説した어느새の他にも어느샌가という表現があります。
違いはなく、同様に「いつの間にか」という意味です。

「それでも違いが気になる」という方に少し解説します。
まず、어느샌가の成り立ちは以下のとおり。

어느새인가어느새인가(略語:어느샌가

補足:인가は、正確には「~이다」の語幹「이」と「ㄴ가」が組み合わさった文法です

ㄴ가は物事に対する「疑問」を表す文法ですが、詳しくはググってみてください。そして、今回の場合だと어느새に対する疑問になるので어느샌가と表現することで「いつの間に時が過ぎたのか?」という意味になり、つまるところ「いつの間にか」という疑問を強調していると言えます。

とはいえ、先ほども解説したように「어느새=いつの間にか」という言葉自体に「いつの間に時が過ぎたのか?」という疑問の意味合いが含まれているので、結論として意味上の違いはないと考えて良いです。

  • 補足2:어느샌가부터

さらに어느샌가부터という表現もあります。
부터は「〜から」という意味でして、無理やり直訳するなら「いつの間にかから」となります。
»「〜から」の韓国語「부터」の解説はこちら

しかし、意味は同じです。
以下をご覧ください。

  • 어느새 한국어 공부를 시작했다.
    いつの間にか韓国語の勉強を始めた
  • 어느샌가 한국어 공부를 시작했다.
    いつの間にか韓国語の勉強を始めた
  • 어느샌가부터 한국어 공부를 시작했다.
    いつの間にか韓国語の勉強を始めた

上記のうちどれを使っても問題なしです。
こちらも強いて言うなら、부터が入ることで「いつの間にか(=ある地点から)勉強を始めた」ということを強調している表現と言えます。

  • 例文

한국어를 공부하기 시작한 지 어느새 1년이 지났어요.
韓国語を勉強し始めていつの間にか1年が経ちました。

어느새 날이 많이 추워졌어요.
いつの間にかとても寒くなりました。

게임하다보니 어느새 새벽 3시가 됐어요.
ゲームしてたらいつの間にか深夜3時になりました。

スポンサーリンク

まとめ

「いつの間にか」の韓国語어느새を解説しました。
補足も含めて3つの使い方がありましたね。

  • 「いつの間にか」の韓国語
  • 어느새
  • 어느샌가
  • 어느샌가부터

もしよろしければ、SNSで拡散して頂けますと嬉しいです。なお、質問は「Twitter」で受け付けておりますので、困りごとがありましたらお気軽にどうぞ🙇‍♀️
» こり(@kore_creator)

最後まで読んで頂きありがとうございます。