【一撃】韓国語の「リスニング力」を伸ばすコツ【本質論+勉強法】

【一撃】韓国語の「リスニング力」を伸ばすコツ【本質論+勉強法】

こんにちは、こりです。

リスニングが全然できない・・・何が原因なんだろう。上達させるコツや勉強法が知りたいなぁ。

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている私は、韓国語歴4年ほど。
韓国ドラマやラジオ・Youtubeを使って日々リスニング力を鍛えています。

今回は「リスニング力を伸ばすコツ」について深堀りします。

  • 本記事の内容
  • 韓国語のリスニング力が伸びない理由【本質論】
  • 韓国語のリスニング力を伸ばすコツ【勉強法】
  • この記事を書いた人

こり twitter-icon

  • 韓国クリエイター
  • 韓国語歴5年
  • ソウル留学
  • TOPIK6級
韓国語教室のおすすめ7選|比較ランキング+選び方も

おすすめの韓国語教室が知りたい!
おすすめスクール7社+口コミを紹介します。無料体験レッスンも実施中です!

韓国語のリスニング力が伸びない理由【本質論】

聴き取れない理由は「音」と「意味」が定着していないから。

先日こんなツイートをしました。

  • 音:音を聴いて、文字が分かる(「ピョニジョム」と聴いて [ 편의점 ] だと分かる)
  • 意味:音を聴いて、意味が分かる(「ピョニジョム」と聴いて「コンビニ」だと分かる)

流れの早い日常会話などでは、瞬時にこれを理解する必要があります。

加えて、普段の会話では「スピード」や「発音」も話す人によって変化するので、韓国語の総合的な知識と理解、経験がないとリスニングはできないのです。

韓国語のリスニング力を伸ばすコツ【勉強法】

「音」と「意味」を定着させるための勉強法は下記3つ。

  • その①:単語・文法を定着させる
  • その②:発音と発音のルールを理解する
  • その③:毎日聞き流しつつ、鬼インプット

その①:単語・文法を定着させる

基礎中の基礎です。

ですが、多くの人は「覚える」で終わっています。

「定着させる」がポイントでして、ただ「覚える」だけだと、「覚える→思い出す」というプロセスを踏むうちに会話は流れ去ってしまいます。

そうではなく、「音」と「意味」が無意識でパッとイメージできるところまで「定着」させることが重要。

  • 覚える→リスニング→思い出す
  • 定着→リスニング→瞬時にイメージできる

ここを知らないまま勉強すると間違いなくリスニングで苦戦します。
基礎ゆえに超大切なポイントなので、勉強する際に意識してみてください。

単語と文法学習は、上記の記事を是非ご活用くださいませ。

  • 教材に時間をかけすぎない

ただ「覚える」よりも「定着させる」方が時間がかかるのは当然ですが、
だからといって長々と教材で学習していてはいつまで経っても上達しません。

結論、教材学習と並行してアウトプットを増やすことが重要でして、
この辺りは「【経験談】韓国語の独学はムリじゃない!【習得までの勉強法を公開】」で解説しております。

教材の罠にハマらないようご注意くださいませ。

その②:発音と発音のルールを理解する

もしあなたが、ピョニジョム(コンビニ)の発音を「ペニジョン」とか「パニジョン」とか、まったく異なる音で覚えていたらどんなことが起こるでしょう?

ほぼ100%聴き取れません。
そう、自分ができない発音は当然ですが、聴き取れないのです。

また、韓国語にはパッチムによって音がつながる「連音化」といった発音ルールがあります。これに関しても、発音ルールを知らなければいくら単語や文法を知ってても聴き取れなくなります。

その③:毎日聞き流しつつ、鬼インプット

リスニング力を伸ばしたければ毎日聴くこと。
最後はこれに尽きます。

  • 有料→無料でリスニングができるアプリ

他にも「【厳選10選】韓国語の聞き流しにおすすめな音声アプリ【無料あり】」で聞き流しアプリを紹介しています。

最近だと通勤時間や家事のスキマ時間でサクッと聞き流しできるアプリが揃っているので、時間がなくて忙しい方でも勉強しやすい環境が整っています。

初心者のうちは「圧倒的な量」が上達のカギです。
1日15分でもOKなので、とにかく「毎日」聴く習慣をつけてみてください。

【朗報】リスニングができると日常会話も上達する

良質なインプットがあれば良質なアウトプットができ、結果的に日常会話の強化につながります。

基礎学習→リスニング→日常会話

逆に、リスニングをせずに日常会話を伸ばそうとしてもインプットがないので、かなり無謀ですね。

この流れで学習すると、韓国語がスルッと伸びると思いますので、是非お試しにくださいませ m(_ _)m

というわけで、今回はここまで。
楽しい韓国ライフを。

タイトルとURLをコピーしました