【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
勉強法

韓国語が難しくて挫折しそうなときの対処法【結論:休めばOKです】

悩む人
悩む人
韓国語の勉強を始めたけど、難しくて挫折しそうです。語学を習得したい気持ちはありますが、このまま勉強を続けられる自信がありません。こんなときの対処法を教えてください。

こんにちは、こりです。
上記の疑問にお答えします(^^)

  • 本記事の内容

韓国語が難しくて挫折しそうなときの対処法

結論、無理せず休めばOKです。

無理をしても消耗するだけ

消耗してまで勉強を続ける必要ナシです。
人生長いので、気が向いたら再開でOK。

  • 挫折しやすいポイント
  • 初心者が独学で韓国語を始めた時
  • 脱初級し、中級を目指し始めた時
  • 初めてネイティブ会話を聞いた時
  • 初めてネイティブと会話した時
  • 何年、勉強しても上達しない時
  • 何回、発音練習してもダメな時

実際はもっとたくさんあります。
その度に萎えてたら心が苦しいですよね。

【私の場合】休みつつ、韓国ドラマに入り浸りました

私の場合、勉強がシンドイときは韓国ドラマに入り浸っていました。勉強には脇目も振らず、ドラマの世界にだけ集中という感じです。

すると、どこかのタイミングで韓国語をもう1回頑張ろうと思う瞬間がきます。そうなったら、勉強再開です。

気が向くまで休み、気が向いたら再開。
こんな感じでOK。消耗もしません。

みんな、世の中のレールに乗りすぎ

周りの人を見ると、みんな世の中のレールに乗り過ぎだなぁと感じます。

  • 韓国語の勉強といえばTOPIK対策
  • 初心者は独学から始める必要あり
  • 初級本を終えるまで中級はダメ

上記はオール無視でOKです。
好きなように勉強すれば、消耗しません。

私はTOPIK初受験で6級を取り、韓国語も不自由なく話せ、
この記事を書いている今、学習歴5年目を迎えています。

疲れたら休み、気が向いたら再開しただけです。
無理なんてまったくしてません。消耗ゼロです。

先ほども言いましたが、人生長いです。
自分のペースでゆっくり進めば良くないですかね。

挫折しないよう休むことに加え、大切なこと

結論、「挑戦すること」も大切です。

まずは小さな挑戦でOK

挑戦しないと次の階段にのぼれません。
とはいえ、大きな挑戦だと消耗します。

よって、小さな挑戦でOKです。

挑戦は、休むと見えてくる【友人の話】

私の友人の体験談をお話します。
彼は、大学生で韓国語を始めました。

当時の勉強はかなりハードモードだったらしく、途中勉強の手を一旦止めたそうです。そして、休んでいる間に偶然「語学サークル」を発見し、そこに参加しました。

韓国人と初めて出会い、会話をしたそうなのですが、まったく話せない自分に衝撃を受けます。そして、この頃から実践することの重要性を感じ始め、渡韓を決意します。

渡韓をしたら、現地での生活に興味を持つようになり、日本に戻った後に猛烈に勉強し、留学準備を進めます。結果、留学もするわけですが、、、友人の話はここまで。

何が言いたいかというと、休めば挑戦したいことが見えてきます。
そして、挑戦をすると次に挑戦すべきことが見えてきます。

挑戦は実践ベースが吉

友人の例にあったように、「実践的な挑戦」ほど得るものが大きいです。

  • 韓国人と話してみる
  • 留学・ワーホリしてみる
  • 現地で就職してみる

机と向き合った学習も基本固めという意味では大切ですが、+αで行動が必要な挑戦もぜひ試してみてください。そのためには、今動かしている手を一旦止め、休んでみるのもアリだと思います。

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございました。