【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
勉強法

韓国人の友達の作り方4つ!韓国語が話せなくても友達作りは可能です

悩む人
悩む人
韓国の友達が欲しい。でも、どうやったら作れるんだろう。
そもそも、韓国語が話せない私でも友達は作れるのかな。

こんにちは、こりです。
上記の疑問にお答えします(^^)

スポンサーリンク

韓国人の友達の作り方4つ

代表的な方法を4つピックアップしています。

  • Hello Talk(ハロートーク)
  • インスタグラム
  • 韓国留学
  • 日本もしくは、韓国でのアルバイト

Hello Talk(ハロートーク)

初耳の方も多いと思いますが、Hello Talk(ハロートーク)という語学学習専用のチャットアプリがあり、オンライン上で気軽に外国人と会話ができる神ツール。

ぜひ、1度は試してみることをおすすめします。

インスタグラム

言うまでもないですね。
日本同様、韓国でのインスタ利用率はかなり高いです。

韓国留学

大学のサークルや、友達からの紹介を通して出会う方法。自分が現地にいる分、出会うのが容易なのと、リアル会話を通してより実践的な会話練習ができます。

日本もしくは、韓国でのアルバイト

日本の韓国人が多いエリア(新大久保とか)でバイトをしたり、ワーホリビザを使って現地でバイトをする方法もあります。

あとは現地就職して職場の人と友達になるという方法もアリですが、仕事の人間関係は長続きが難しい。。なので、このあたりのご判断は皆様にお任せします。

スポンサーリンク

韓国語が話せなくても友達作りは可能【注意点あり】

ただし、「自分は日本語しか話せず、相手は韓国語しか話せない」となると、さすがに会話ができません。

このあたりについて少し話します。

韓国人の選び方は2つある

※「選び方」というと聞こえが悪いかもですが、韓国語を話せない人が韓国人と友達になるためには避けて通れぬルートなのでご容赦ください。

結論からいうと、以下のとおり。

  • 日本語が話せる韓国人と出会う
  • 英語が話せる韓国人と出会う(自身も英語ができることが前提)

言うまでもないですが、日本語が話せる韓国人と出会う方が難易度は低いです。さらに、お互いの国について共通の話題を持ってトークができるので、話がネタ切れする心配もありません。

とはいえ、英語を通して出会う方法もまったく問題はなく、むしろ日韓ともに英語学習者の方が割合としては多いので探しやすいのかなと思います。

  • カナダ留学した友人の話

実際にわたしの友人は英語学習のためにカナダ留学をし、そこで韓国人と出会いました。片言ではあれどお互い英語が話せたので友達になったとのこと。

というわけで、英語を通じた友達作りもまったく問題なしです。

できれば、日本語が話せない韓国人を選ぶべし

さっきと言ってることが逆じゃん、と思うかもですが、韓国語学習者であれば「日本語ができない韓国人」を選ぶことをおすすめします。

なぜなら、韓国語を使いざるを得ない環境の方が確実に語学力が上達するから。

初心者によくある例として、友達が作れたはいいけど、相手の日本語が上手すぎて韓国語の勉強がまったくできないパターン。このパターンに陥らないよう選ぶ際には相手の語学力もきちんと確認しましょう。

  • 韓国語が話せるようになりたいなら、友達作りは必須

ここまでで友達の作り方についていろいろ解説し、思ったより面倒だな…と感じた方もいるはず。ですが、語学学習者であれば友達作りは絶対無視してはいけない必須項目です。

詳しくは、「【断言】韓国語の会話練習は「友人作り」が最重要な話【コツも紹介】」で解説しています。

結局、韓国語を少し話せる方がおトク

ということで、韓国語を少しでも上達させたければ「日本語ができない韓国人と友達になり、韓国語で会話をする」がベストアンサー。

そして、上記のためには「自分自身」が韓国語を少しでも話せるようにならないといけません。
  • 初心者なら韓国語教室が断然おすすめ

なぜなら、分からないことをすぐに質問できるので、会話に必要なベースをしっかり習得できるから。韓国語教室のおすすめは「韓国語教室おすすめ9選」で紹介しています。

【2022年最新】韓国語教室おすすめ9選!比較ランキングや選び方も紹介
「韓国語教室のおすすめが知りたい。ネットでいろいろ探してるけど、どこが一番良いのか分からない。比較ランキングや、選び方も教えてください。」←こういった疑問に答えます。韓国語教室のおすすめ9選|比較ランキング/韓国語教室の失敗しない選び方/韓国語教室に通いつつ、実践すべきこと/韓国語教室のよくある質問をまとめました。韓国語教室をお探しの方は是非です。

というわけで今回はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございます。