「本気で」韓国語を話せるようになりたい方へ【実践できる人だけ読んでください】

「本気で」韓国語を話せるようになりたい方へ【実践できる人だけ読んでください】

こんにちは、こりです。

本気で韓国語を話せるようになりたい。
でも、どうすればいいんだろう・・・。

こんなお悩みにお答えします。

今回お伝えする回答は、私が4年以上もの間、韓国語と向き合って得た実体験によるものです。

実行することで韓国語が話せるようになることを保証しますが、ただ、ひとつ条件があります。

「今日から」実践してみてください。実践しないと、ぶっちゃけ、読む価値のない記事です。

少し厳しいかもですが、本当です。お気をつけください。

では、さっそく。

  • この記事を書いた人

こり twitter-icon

  • 韓国クリエイター
  • 韓国語歴5年
  • ソウル留学
  • TOPIK6級
韓国語教室のおすすめ7選|比較ランキング+選び方も

おすすめの韓国語教室が知りたい!
おすすめスクール7社+口コミを紹介します。無料体験レッスンも実施中です!

韓国語を話せるようになりたい方へ【重要なこと3つ】

まずは、お読みください。
本記事の最重要ポイントです。

  • 韓国語を話せるようになるために重要なこと3つ
  • その1:クリアな目標
  • その2:強烈なバックボーン
  • その3:圧倒的な継続力

私が4年以上もの間、韓国語と向き合う中で、最終的に上記の結論に至りました。

順番に解説します。

その1:クリアな目標

なぜ、目標がクリアでなければいけないのでしょうか。10秒考えてみてください。

その答えは、ムダなく、楽しく、継続して取り組めるから。

これを聞いて「そんなのタコ耳だよ。」とさらっと受け流してしまっている人は、マジで損してます・・・。

  • クリアな目標が必要な理由
  • クリアなほど、モチベが爆上がりする
  • モチベが強力なので、挫折しづらい
  • 無意味な選択を排除し、あなたの有限な時間をムダなく使える

今、漠然と「話せるようになりたい」と思っている人は、もっともっと、目標をクリア=鮮明にする必要があります。

・友人のあの子と、楽しく毎日、日常会話したい。
・外国語を使い、ストレスフリーな旅行を楽しみたい。
・彼氏や彼女のコトバで意思疎通したい。

これが全てのプロセスにおけるファーストステップであり、最重要事項です。

目標がクリアであればあるほど、ムダなく、楽しく、継続して学習に取り組め、その分、質が高い、良い結果があなたに返ってきますよ。

あなたの目標はなんですか?

その2:強烈なバックボーン

「バックボーン」とは、あなたの行動の柱となる考えや思想・信念のこと。

なんだかムズカしく聞こえるかもですが、韓国語を習得している人は、このバックボーンがめちゃくちゃ強烈。

  • 参考:私のバックボーン
  • 韓国ドラマ主人公の強く、真っ直ぐな信念からの学び
  • 独学で取得した韓国語を披露するYoutuberへの尊敬
  • 俳優やアイドルへのあこがれ
  • 不安ながらも行ってきた韓国一人旅の経験
  • 短くも濃かった留学経験

こういった経験のひとつひとつが動機付けとなり、4年以上もの間、私を突き動かしてくれました。

ポイントは、強烈な経験や尊敬する人を探したり、出会うこと。

強い信念を持っている人ってシンプルに「尊敬」できますよね。尊敬すると、その人の良いところを盗むようになる。それらが勉強の背後でモチベとして支えてくれるので、語学が上達しやすい。

また、韓国の文化にふれたり、かけがえのない経験をすることで、「話せるようになりたい」という思いに火が付きます。

みなさんも、この「感情の爆発」を大切にしてください。今後、語学を学ぶ中であなたの大きな支え、インセンティブになります。

その3:圧倒的な継続力

あなたは1日、1週間、1ヶ月でどれくらい韓国語の勉強に時間を当てていますか?

「時間」だけが上達の全てではないですが、とはいえ、かける時間が多いことは重要。

「でも、継続苦手だしなぁ・・・」という方にヒントを少し。継続することを習慣にしてしまえばよいのです。

「継続しなきゃ。」と思うから、つらい。つらい中で勉強していても上達しません。まずは、あなたの1日を全て洗い出してみてください。

その中で削れる部分はどこですか?
惰性で、なんとなく毎日続けていることはありませんか?
勉強よりも優先順位が高いことですか?

該当するものはすべて勉強時間に当てましょう。圧倒的な「継続力」が圧倒的な「パフォーマンス」を生み出します。
» 参考:【体験談】韓国語の独学はムリじゃない!【習得までの勉強法を公開】

【経験談】韓国語の独学はムリじゃない!【習得までの勉強法を公開】
韓国語を独学で習得する勉強法を紹介します。平日2~3時間、週末は3~6時間カフェで引きこもり学習/韓国ドラマ、Youtubeをとにかく見る/鬼行動しつつ、鬼アウトプット(リア友との付き合い)の3つが重要です。また、具体的な勉強法8つも合わせて解説します。

【たった2つ】韓国語を話せるようになるための勉強手順

ここから、具体的な勉強法について語ります。

とはいえ、結論は非常にシンプルで、話せるようになるためには、話す練習をするしかありません。

「でも、それをどうやってすればいいのかな・・・。」と思われた方もいるはず。

手順は以下の通り。

  • 手順①:基礎学習(単語・文法→作文)
  • 手順②:アウトプット

※ハングルを覚え、発音が最低限できることを前提でお話します。

手順①:基礎学習

基礎学習のやり方は、以下の通り。

  • 基礎学習のやり方
  • 単語と文法を覚える
  • 覚えた単語と文法を使い、作文する
  • 上記2つを繰り返し、継続する

単語と文法を覚える際は、教材の使用をオススメします。
»【厳選13冊】韓国語の勉強におすすめな本【初心者〜中級者向け】

【厳選13冊】韓国語の勉強におすすめな本【初心者〜中級者向け】
韓国語の勉強におすすめな本を13冊厳選しました。「これから韓国語を頑張りたいけど、どのテキストで勉強したらいいんだろう。勉強におすすめの参考書を教えてください。」←こういった疑問に答えます。ハングル暗記から文法、単語、会話までそれぞれに特化した参考書をご紹介します。

続いて、覚えた単語と文法を使い、作文しましょう。学んだことをすぐアウトプットすることがポイント。

作文は添削してもらい、自分の韓国語を日々磨き上げていくことが欠かせません。
» 日記添削サービス(トリリンガルのトミ)

あとは上記2つをコツコツ継続するだけです。

作文である程度文章が作れるようになってきたら、続く手順②のフェーズへお進みください。

手順②:環境デザインをしよう

環境デザインとは「環境を自分で作り、飛び込む」こと。
先日、以下のツイートをしました。

結論、話せるようになるためには「話す相手を探し、話す機会を設けること」が大切です。

  • 話す相手を探す

話す相手を探す方法は、以下5つです。

  • SNSで探す
  • オンラインサロンに入る
  • 韓国語教室に通う
  • 友人に紹介してもらう
  • 交流会に参加する

もちろん、これ以外にもたくさんありますが、要は、探せれば何でもOK。

韓国語の始め方やオススメの勉強法はこちらでイチから解説しています。
»【完全初心者向け】韓国語の勉強の始め方【独学でも習得できます】

【完全初心者向け】韓国語の勉強の始め方【独学でも習得できます】
完全初心者向けに韓国語の勉強の始め方をまとめました。「韓国語の勉強の始め方を知りたい。これから韓国語を始めたいけど、どこから手を付けたらいいんだろう…。」←こういった疑問に答えます。独学OKです。本記事の内容:①目標→②準備→③学習→④実践
  • 話す時間を作る

毎日話せればGOODです。

  • オンラインサロンで会話練習を週2回
  • SNSで探した友人と毎日チャット
  • スキマ時間で韓国Youtubeのマネをして独り言

こんな感じで、複数を組み合わせて、毎日少しずつ話す方法もあります。

というわけで、ぜひ一度、環境デザインをしてみましょう。

これらをうまく「仕組み化」できれば、話す相手と時間は準備できるので、あとは話すことに集中するだけでよくなります。

以上、話せるようになるために重要なことと、具体的な実践法でした。
お試しください m(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました