【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
留学

「目的」がないと韓国留学は失敗なのか?←ウソです【目的の決め方+注意点】

「目的」がないと韓国留学は失敗なのか?←ウソです【目的の決め方+注意点】
韓国留学したいけど目的って大事なのかな。目的を決めないと失敗するって聞いたけど本当かな…。他の人がどんな目的で留学してるのか知りたい。

こんにちは、こりです。
上記の疑問にお答えします(^^)

この記事を書いている私は、韓国語歴が5年ほど。
過去に韓国留学を経験しました。

さて、本題の結論ですが、目的は超大切ですが、なくても失敗はしません。
なんだか曖昧な回答かもですが、ここを深堀りします。

  • 本記事の内容
  • 「目的」がないと韓国留学は失敗なのか?←ウソです
  • 韓国留学する目的がない方へ【目的の決め方と注意点】

「目的」がないと韓国留学は失敗なのか?←ウソです

目的がないと失敗するって本当?

「目的がないとダメなのかな」と悩んでる読者もいるかもですが、結論、失敗とかはまずないので、ご安心ください。

「留学をする」と決めるだけでもメリットは十分得られまして、詳細は下記の通り。

  • 留学で得られるメリット
  • 留学前のお金稼ぎの経験
  • 留学前の手続き
  • 一人で海外渡航
  • 海外生活
  • 現地人との出会い
  • 海外での文化体験
  • 海外で遊ぶ
  • 帰国後の勉強モチベ

目的のあるなしに関係なく、留学して大学のプログラムに参加さえすれば、少なくともこれだけのことは学べます。

この辺りの詳細は「韓国留学のメリットは「自信」です【自信を人生の武器にする方法】」で詳しく解説しています。

とはいえ、目的はあったほうが断然よい

目的がなくても留学する価値が十分あるのは述べた通りですが、目的があれば、なお良きです。

なぜなら、目的があればその何倍も学びを得られるから。

  • 目的がある人の学び:0→100
  • 目的がない人の学び:0→10

数字でわかりやすくイメージすると上記の通り。

目的がある人とない人では、行動量が圧倒的に異なってくるのは間違いないと思います。

下記の例をご覧ください。

  • 目的があるAさん
  • 目的 :韓国語を上達させ、将来は韓国移住したい
  • 行動①:イベントや交流会など、自ら出会いの場に出向く
  • 行動②:語学堂で人一倍勉強しつつ、その後もカフェで猛勉
  • 行動③:韓国移住者と会って情報収集、就職準備を始める
  • 目的があるBさん
  • 目的 :なし
  • 行動①:出会いの場を面白そうかどうかで判断する
  • 行動②:語学堂では人並みに勉強、その後は遊び呆ける
  • 行動③:いつも日本人だけと動く

目的がないBさんも留学を経験してる時点で自動的に学ぶ機会は増えるでしょう。

しかし、目的があった方が「達成に必要な行動を明確化」でき、ほぼ間違いなく理想の自分を手に入れられます。

目的は途中で変えてもOK

よく以下のような人を見かけます。

よし、目的が大切なのは分かった。一度決めた目的はしっかり守らなきゃ。

ここに関しては、途中で変えても全然問題なしです。

目的=やるべきこと・やりたいことを明確化するツール

と考えてください。やるべきこと、やりたいことが変わったのであれば、それに合わせて目的を変え、やるべきことを更新するだけです。

この辺りは深く考えすぎず、臨機応変に行動しましょう。

韓国留学する目的がない方へ【目的の決め方と注意点】

「他の人がどんな目的で留学してるのか気になる」という読者もいるはず。というわけで、目的の決め方とその際の注意点を書きました。

目的の決め方3つ

  • その①:将来どんな自分になりたいか想像する
  • その②:HARM(ハーム)の法則
  • その③:他の人の目的を参考にする
  • その①:将来どんな自分になりたいか想像する

先日こんなツイートをしました。

新しく目的を決めるときは「将来どんな自分になりたいか」を想像すると良いですよ☺️
今の自分を変えたいときに人は行動するので「理想=目的」になります。留学を例にすると、韓国語がペラペラの自分/海外生活する自分/外国人と文化交流を楽しむ自分など、これら理想が目的です。迷ったときに是非😌

上記の通り。

漠然とでも良いので「なりたい自分」を一度考えてみることをオススメします。

  • その②:HARM(ハーム)の法則

人間の「悩み」は4つに分類できます。

  • H (health):健康, 美容, 容姿
  • A (ambition):夢, 将来, キャリア
  • R (relation):人間関係, 恋愛, 結婚
  • M (money):お金

先ほど「なりたい自分を想像しよう」と言いましたが、ほぼ全ての理想はこの4つの悩みをより良いものに変えたくて生まれます。

  • 韓国で整形したい=美容
  • 韓国で就職したい=キャリア
  • 韓国で異文化交流したい=人間関係
  • 韓国語を活かしたい=お金

こんな感じです。HARMの4つを逆算して目的を決めるのも有効な手法の1つです。

  • その③:他の人の目的を参考にする

他の人がどんな目的で留学してるのか、ググりつつ参考にするのも1つの手です。代表的な目的は下記の通り。

  • 韓国語を上達させたい
  • 転職・就職に活かしたい
  • 海外生活をしつつ、異文化交流をしたい
  • 海外で就職・永住したい
  • 外国人と交流をして、人脈を作りたい
  • 日本のスタンダードから脱却し、世界を見たい
  • とにかく新しいことに挑戦して自分を変えたい

もちろん、これ以外にも山のようにありますので、参考程度にご活用くださいませ m(_ _)m

目的がないという人は、これらを参考に1つ決め、それを達成するためには海外でどんな行動をすればよいのか一度考えてみると良いかもです。

目的を決めるときの注意点

以下の通り。

  • 他人の意見はオール無視

目的を考えてると、「韓国留学なんて意味ないよ。」とか「目的もフワッとしてるのに留学なんてモッタイナイ。」など、他の人から言われることがあるかもです。

オール無視でOKです。

ましてや、留学経験がない人からのコメントは、聞く耳すら持たなくてOK。

  • 目的を達成できるかどうか、気にしすぎない

目的大きすぎるかな…達成できるかな…と思っても、とりあえずは問題なしです。

まずは目的を立て、それを達成するための行動をあげてみる。それでも現実的じゃなさそうであれば、少し目的を小さくしてみると良いです。

ただ、あんまり小さすぎると目的達成が簡単な上、モチベもあがらないので注意です。この辺りはご自身の力量と要相談ですね。

というわけで、目的を決める→行動を決める→留学するというステップで留学してみてください。有意義で価値ある留学になること間違いなしです。

では、楽しい韓国ライフを。