【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
留学

韓国留学がつらいなら、逃げるのもありです【逃げた先で努力しよう】

悩む人
悩む人
韓国留学がつらいです。語学は伸びないし、クラスメイトや日常生活にも馴染めません。どうしたらいいか教えてください。

こんにちは、こりです。
上記の疑問にお答えします(^^)

  • 本記事の内容

韓国留学がつらいなら、逃げるのもありです

留学すると「つらい」と感じることがあります。
例えば以下のとおり。

  • 授業ペースが早くて追いつけない
  • 授業内容が難しくて追いつけない
  • カフェで何も注文ができない
  • 語学が伸びず留学の意味を考える
  • クラスメイトと馴染めず疲れる
  • 一緒に住む人と毎日ケンカをする

留学生なら、共感できる部分もあるはず。

しかし、原因はたった1つです。

それは、耐えるから。

耐えるから、つらくなる

多くの人は、つらいことに頑張って耐えようとします。
しかし、耐えるほどに「つらさ」は増します。

つらい→耐える→もっとつらい→もっと耐える→精神が不安定→留学で何も学べない→そのまま帰国

上記のとおり。皮肉なことに「無理して耐える」と、どんどんつらくなります。

  • 留学中の出来事

私が留学中に起こった出来事を少し話します。何かというと「同じアパート」に住んでいる友人同士がめちゃくちゃケンカをしました。会うたびにケンカ、毎日ケンカという感じです。

解決策はいろいろとあるかもですが、私だったら間違いなく「違うアパート」に住みます。

つらくても、耐えなくていい

耐えるからつらくなる。
なら、耐えなくていいです。

「え、それでいいの?」と思うかもですが、つらいことに耐えても「消耗するだけ」ですからね。

「つらくない」という状況を自分で作りましょう。この環境があって初めて勉強にも遊びにも全力で集中できるようになります。
  • 耐えないコツは、頑張って逃げること

自分に合わないものは、無理して合わせなくていいです。
つまり、とことん逃げていいです。

  • 授業ペースが早くて追いつけない
    →先生に相談をしてみる
  • 授業内容が難しくて追いつけない
    →下のクラスに移動する
  • カフェで何も注文ができない
    →気にせず、コーヒーを飲む
  • 語学が伸びず留学の意味を考える
    →勉強を頑張らない
  • クラスメイトと馴染めず疲れる
    →ムリに馴染まない
  • 一緒に住む人と毎日ケンカをする
    →違う家に住む

こんなこと言うと「いやいや、そんな簡単に逃げちゃダメでしょ」と思うかもですが、よくよく考えると「逃げちゃダメ」って何ですかね。

「逃げちゃダメ」という呪い

多くの人は「授業に追いつけない…でも逃げちゃダメだ」「クラスメイトと馴染めない…でも頑張って付き合うしかない」と考えます。

しかし、私からすると意味不明です。
なぜ「逃げちゃダメ」となるんですかね。

こういった「ナゾの常識」は「呪い」だと思います。

大半の人は「留学したら、こうするのが当たり前」という昔の人が作り出した架空の常識に「呪われた」結果、その常識から逃げ出せず、つらくなるわけです。

しかし、私からするとアホなくらい「どうでもいい」です。

「どうでもいい」と思えるようになれば、ムリに我慢せず「逃げよう」というマインドになります。

繰り返しですが、逃げてもいいです。
つらいなら、積極的に逃げましょう。

つらいことから逃げつつ、逃げた先で努力しよう

繰り返しですが、逃げつつ、逃げた先で猛烈に努力しましょう。

逃げるだけだと、成果は出ない

例えば、韓国語の勉強に疲れている人がいるとします。
そこで、勉強の手を止めることにしました。

「つらさ」からは開放されますが、これだと成果は出ません。

逃げつつ、猛烈に努力する

世の中には「良い逃げ」と「悪い逃げ」があります。

  • 良い逃げ:環境を変えつつ、猛烈に勉強する
  • 悪い逃げ:環境を変えただけで、何もしない

上記のとおりでして、良い逃げというのは「自分の力が最大限に発揮できる環境」を自分で選び、その居心地の良い環境で「猛烈に努力する」という「逃げ+行動」がセットになった姿勢です。

逆に、環境を変えただけで「結局、何もしない」のであれば、それは成果とは結びつかないので注意です。

  • 最初は、少し休んでもいい

逃げてすぐに猛烈に頑張るとかがしんどいなら「少し休んでみる」のも全然アリです。

「つらい→逃げる→休む→頑張る」といった感じですね。

休むと、気持ちがリセットされます。
そして、また頑張ろうという気持ちが自然と湧きます。

そうなった段階で努力を再開すればOKです。

  • 最後に:人生は長いよ

寿命が100年だとして、皆さんの年齢から引き算しましょう。すると、今つらいと思っていることに「無駄に」耐えることがいかに無意味かわかるはず。

逃げつつ、休みつつ、猛烈に努力しましょう。

というわけで、今回はここまで。
最後まで読んで頂きありがとうございます。