【経験談】1,000時間ほど韓国語を勉強したら、そこそこ自由になれた話

【経験談】1,000時間ほど韓国語を勉強したら、そこそこ自由になれた話

韓国語学習をコツコツ頑張りたい方向け。

悩む人
悩む人
韓国語って、どれくらい時間をかければ習得できるんだろう?
うまくなるためのコツはあるのかな・・・。

こんな疑問にお答えします。

記事を書いている私は、韓国語の学習歴が4年ほど。
勉強を始め、2年3ヶ月でTOPIK6級に合格しました。

4年間の経験を踏まえつつお話します。

  • この記事を書いた人

こり twitter-icon

  • 韓国クリエイター
  • 韓国語歴5年
  • ソウル留学
  • TOPIK6級
韓国語教室のおすすめ7選|比較ランキング+選び方も

おすすめの韓国語教室が知りたい!
おすすめスクール7社+口コミを紹介します。無料体験レッスンも実施中です!

「1,000時間」勉強すると韓国語がガツンと伸びる

タイトルの通り。1,000時間ほど勉強すると、カンタンな日常会話であれば、わりと余裕でできるようになります。

「1,000時間」の勉強量とは

「1,000時間ってどれくらいなんだ?」という方へ。

仮に、平日2時間、休日6時間学習したとすると、1ヶ月で88時間、1年で1,056時間なので、だいたいこれくらい。

私はココまでいくのに、ざっくり1年半〜2年かかりました。

参考までに、私はこの期間で必死に勉強し、「カンタンな日常会話」ができるところまで上達しました。2年3ヶ月目でTOPIK6級にも合格しています。

「そんなに勉強できるかなぁ・・。」と思った方。
一日の行動を見直せば、ほぼ確実に時間は作れます。

仮に、休日に10時間たっぷり寝たとしても、1日があと14時間余っているわけです。6時間はそのうちの半分以下なので、あとはまぁ、やる気の問題ですね。

ちなみに、1年ってわりと一瞬で過ぎます。人生80年だとして、そのうちの「たった1年」で言語を習得できるって最高だと思いませんか?

一度習得してしまえば、残りの長い人生、習得した言語で楽しみつつ自由に生きれますよ。

最初は「質」より確実に「量」

初心者であれば、「量」を重視すべき。というのも、私自身、最初の1年は勉強のコツがまったくつかめず、やり方をコロコロ変えて試行錯誤していました。

はじめは「99%」迷いつつの学習になるので、「効率性」は気にせずガンガン勉強しましょう。ぶっちゃけ、量90%、質10%くらいでいいんじゃないかと思います。

韓国語の「勉強時間」を確保するコツ

勉強時間は、自分で「作る」もの。
コツは以下の通り。

  • ムダに動かない
  • 集中できる環境で巣ごもる
  • 寝る以外の時間は勉強

ムダに動かない

お酒を飲むだけの集まりとかは、ぶっちゃけ、どうなのかなと思います。

たまにはいいかもですが、毎日レベルだとかなりの時間浪費なので要注意。そして、ムダにふらふらするとムダに疲れてムダに一日が過ぎます。

ということでムダな行動は控えましょう。

カフェに巣ごもる

ムダに動かず、居心地の良い場所で巣ごもるのがオススメ。

朝起きたらカフェへ行き、1日中猛烈に学習するとマジでバク上がりします。

あなたの人生の最優先事項に「韓国語学習」を置くこと。
それを妨げるものは徹底的にシャットダウンです。

まずは、どこかに引きこもりつつ、基礎固めです m(_ _)m

寝る以外の時間は勉強

突然ですが、5秒で次の質問に答えてみてください。

あなたが最近ハマってることはなんですか?

5・・4・・3・・2・・1・・はい。
思い浮かべましたか?

では、そのハマっていることを「朝起きてから寝るまで」一日中考え続けてみてください。

と、言われても意外と苦じゃないですよね。むしろ余裕という人もいるはず。韓国語をここにもってくるのが理想です。

モノゴトを「好き」になれば、そもそも「勉強」という概念がなくなります。

「まだ好きじゃないよ。」という方は、一度手をストップして韓国ドラマやKpopといった文化コンテンツにたくさん触れてみてください。すると、自然と語学にも興味が湧いてきますよ。

勉強時間を積み重ねつつ、忘れてはならないこと

以下3つを心に留めながら勉強してみてください。上達の秘訣です。

  • その①:小さな成果に喜ぶ
  • その②:余裕を積み重ねる
  • その③:ムズカしさを楽しむ

その①:小さな成果に喜ぶ

小さな成果を心から喜ぶこと。

どんなにささいなことでもOK。

とくに、目標を達成した日には、ケーキを食べたり、12時間寝たりと、自分に精一杯のご褒美を与えてください。

自分へのご褒美が上手な人は、モチベのコントロールも上手なので、結果的に良い成果を生み出しやすいです。

その②:余裕を積み重ねる

勉強を続けると、少しずつ余裕が出てきます。
この「余裕」が大切。

はじめはハングルを覚えるだけで必死だったかもしれない。

でも、慣れるにつれ、ハングルを読めるのが当たり前になり、その次のステップを考える余裕が生まれます。

この積み重ねがめちゃくちゃ大事。学習は、キャパ超え→余裕→キャパ超え→余裕・・・の繰り返しです。

その③:ムズカしさを楽しむ

あなたもこの先、勉強する中で挫折しそうになることが必ずあるはずです。

でも、言語ってムズカしいからハマるんですよね。

初心者のときから1年、2年、3年・・と勉強を続けてじわじわ成長できるから楽しいし、外国人と話せたときの嬉しさが10倍、100倍になるわけです。

ぜひ、たくさん挫折してください。
そして、その挫折を精一杯楽しんでください。

今回はここまで。
では、楽しい韓国ライフを。おわり m(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました