【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
勉強法

初心者だった私が1年間、韓国語で日記を書き続けた結果【コツと注意点も】

悩む人
悩む人
韓国語で日記を書く勉強法ってどうなんだろう。
メリットや効果、注意点を教えてください。

こんにちは、こりです。
上記の疑問にお答えします(^^)

  • 本記事の内容
スポンサーリンク

韓国語で日記を1年、書き続けた結果

1年書き続けたらTOPIK3〜4級レベルほど、
日常会話も少し話せるようになりました。

  • 1年間の日記量
  • 1年間で、1,440個ほどを作文
  • 1ヶ月で120個、1日4個のペース

日記の効果について、少し話します。

日記を書くメリットは4つある

  • 日記を書くと、忘れにくい
  • 日記を書くと、早く慣れる
  • 日記を書くと、語彙・表現力が増す
  • 日記を書くと、日常会話に強くなる

上記のとおり。

日記を書くということは、「日々のリアルな体験」を書くということ。
出来事を自分の言葉で書くので、必然的に日常会話が身につくのはメリットですね。

書かないと、忘れる

昔、ある心理学者が「人は、覚えたことをどれくらいで忘れるのか」という実験を行いました。結果は以下のとおり。

  • 20分後:42%を忘れる
  • 1時間後:56%を忘れる
  • 1日後:74%を忘れる
  • 1週間後:77%を忘れる
  • 1ヶ月後:79%を忘れる

なんと、たったの1日で74%も忘れるという結果が出ました。

<エビングハウスの忘却曲線>

頑張って勉強しても、忘れてしまえば努力も水の泡ですよね。

記憶力がザコな私は、日記で勉強した

初心者だった私は大学で韓国語を受講していたのですが、当時は勉強法など何もわからず、ひたすら単語や文法を短期間で詰め込んでいました。

ですが、私の記憶力はザコ。勉強した韓国語も翌日にはキレイに忘れていました。

そこで始めたのが日記。
1年間、書き続けました。

日記を書くと、習った韓国語を自分の体験と結びつけてアウトプットできます。日記のおかげで、5年目の今では日常会話も余裕です。

スポンサーリンク

韓国語で日記を書くときのコツと注意点

韓国語で日記を書くときのポイントは以下のとおり。

  • その1:習った言葉を入れる
  • その2:短く、書く
  • その3:毎日、書く

その1:習った言葉を入れる

つまりは、学びを実践せよということですね。
いざ実践になると、分からないことがでてきます。

習う→使う→分からない→ググる、といった感じでサイクルを回すと「理解」が「定着」に変わります。

  • 学ぶなら、韓国語教室がおすすめ

初心者の独学は、学びが浅くなったり途中で挫折しがち。
結論、「良質な学び→日記での実践」が最速ですね。
» 韓国語教室おすすめ9選

【2022年最新】韓国語教室おすすめ9選!比較ランキングや選び方も紹介
「韓国語教室のおすすめが知りたい。ネットでいろいろ探してるけど、どこが一番良いのか分からない。比較ランキングや、選び方も教えてください。」←こういった疑問に答えます。韓国語教室のおすすめ9選|比較ランキング/韓国語教室の失敗しない選び方/韓国語教室に通いつつ、実践すべきこと/韓国語教室のよくある質問をまとめました。韓国語教室をお探しの方は是非です。

その2:短く、書く

初心者にありがちな例として、文が長くなってしまうということがあります。
そうすると、文の構造がどんどん複雑になり、難易度が上がってしまいます。

日記は「短く」書きましょう。

日頃から短く書く習慣がついていれば、実際の会話でも伝わりやすい話になるので一石二鳥です。

その3:毎日、書く

初心者で大切なのは、間違いなく量ですね。
とはいえ、ムリしてまで毎日書けとは言いません。

自分のペースを維持しつつ、コツコツ積み重ねることも挫折しないためのポイントになるので、このあたりはご自身の体力とご相談ください。

  • さらに韓国語を伸ばしたい方へ

結論、添削をしてもらうべき。なぜなら、ただ書くだけだと自分の間違いに気づけないうえ、改善もできないから。おすすめは、韓国語の3行日記添削です。3日間は無料でお試しできるので、体験してみるのがお得です。

というわけで、今回はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございました。