【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
勉強法

韓国語の発音が上手くなるコツ【結論:舌の形を矯正すればOKです】

悩む人
悩む人
韓国語の発音を練習してるけど、なかなか上手くいかない。そもそも、聞いてくれる相手もいないから良くなってるのかも分からない…。発音が上手くなるコツを教えてください。

こんにちは、こりです。
上記の疑問にお答えします(^^)

  • 本記事の内容
スポンサーリンク

韓国語の発音のコツは「舌の形」です【本質論】

結論、「舌の形」が最重要です。
大切なので、もう一度いいます。

韓国語の発音は「舌の形」が全てです。

自分の「舌の形」を鬼分析せよ

自分の「舌の形」、気にしていますか?
聴くだけの練習になっていませんか?

「発音が難しい…」と嘆いている人の大半は、上記が原因かもです。

  • 「舌の形」の分析手順
  • 手順①:「韓国語 舌の形」で画像をググる
  • 手順②:画像の通りに、自分の舌を作る
  • 手順③:声を出す

はい、これだけです。

発音は、舌の形を分析して声を出せば誰でもできます。
感覚やセンスに任せず、ロジカルな方法で練習しましょう。

韓国人の口の動きを観察する

舌の形を意識しつつ、ネイティブの口の動きも観察できるとなお良し。韓国人の友達がいれば最高ですが、いなければYouTubeとかドラマでも問題なしです。

舌の形がイメージできている状態でネイティブの発音を聞きつつ、途中で再生を止めて自分でも実践してみる、といった感じですかね。

  • 講師と練習するのもアリ

発音は1人で練習するのが、ぶっちゃけ難しい。
ネイティブ講師と一緒に練習したい方は、韓国語教室もぜひです。
» 韓国語教室おすすめ9選

【2022年最新】韓国語教室おすすめ9選!比較ランキングや選び方も紹介
「韓国語教室のおすすめが知りたい。ネットでいろいろ探してるけど、どこが一番良いのか分からない。比較ランキングや、選び方も教えてください。」←こういった疑問に答えます。韓国語教室のおすすめ9選|比較ランキング/韓国語教室の失敗しない選び方/韓国語教室に通いつつ、実践すべきこと/韓国語教室のよくある質問をまとめました。韓国語教室をお探しの方は是非です。
スポンサーリンク

日本人が苦戦するハングル発音のコツ【実践編】

日本人がつまづきがちな発音をピックアップしました。
発音のコツを教えます。

  • ㅇ, ㄴの発音
  • ㄱ, ㅋ, ㄲの発音

ㅇ, ㄴの発音

結論、舌の位置が違いますね。

  • ㅇの発音のコツ

まずは、以下の画像をご覧ください。

引用:언어놀이터 링고애니

これがㅇの発音をするときの舌の形です。

日本語で「か」と発音するときの舌の形のまま、「ん」と発音すると、鼻から音が出ますが、この鼻を響かせて発音するのがㅇです。

サラッと解説しましたが、私はこの発音のコツに気づくまでに3年かかりました。。

  • ㄴの発音のコツ

こちらも以下の画像をご覧ください。

引用:언어놀이터 링고애니

はい、これがㄴの発音です。

舌の先を上の歯の後ろにピタッとくっつけた状態で日本語の「ん」を発音してみてください。

ㅇ, ㄴの発音って音だけ聞くと似てますが、舌の位置がまったく違いますね。発音自体は簡単ですが、舌の形は気にしてなかった…という人が多いんじゃないでしょうか。

ㄱ, ㅋ, ㄲの発音

続いて、ㄱ, ㅋ, ㄲの発音。
結論、以下の通りに発音すればOK。

  • ㄱ:「か」と「が」の中間の発音
  • ㅋ:「か」を強く発音
  • ㄲ:喉を締めて、「が」を強く発音
  • ㄱの発音のコツ

日本語の「が」に近いですね。ただし、普通に「が」と言ってしまうと濁りすぎなので、「か」の要素も少しいれつつの「が」という感じ。

分かりづらかったらスミマセンm(_ _)m

  • ㅋの発音のコツ

「か」をめちゃくちゃ強く発音します。

確認方法としては、口の前にティッシュを1枚手で持ちます。そして、発音したときにこのティッシュが息で大きく揺れたらOK。

  • ㄲの発音のコツ

「が」を強く発音するのですが、ポイントは喉を絞めること。

喉を締め続けたら息ができないですよね。この状態で「が」を強く発音してみてください。はい、これでㄲの発音ができます。

というわけで、今回はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございます。