韓国語は独学?それとも教室?違いやメリット・デメリットを徹底解説

韓国語を独学するか、教室に通うか迷っている方向け。

こんにちは、こりです。
韓国語歴は5年ほど。
悩む人
悩む人
韓国語教室と独学、どっちがいいの?それぞれのメリット・デメリットは?私はどっち向きかな…?

こういった疑問に答えます。

  • 本記事の内容
  • この記事を書いた人

こり twitter-icon

  • 韓国クリエイター
  • 韓国語歴5年
  • ソウル留学
  • TOPIK6級
韓国語教室のおすすめ7選|比較ランキング+選び方も

おすすめの韓国語教室が知りたい!
おすすめスクール7社+口コミを紹介します。無料体験レッスンも実施中です!

韓国語の勉強は教室と独学、どっちがいい?

結論、両方です。
強いて言えば、独学はマスト。

ただ、完全初心者が独学するとほぼ確実に頓挫するので、独学に+αで「教室にも通うべき」というのが回答です。

「教室と独学、選ぶならどっち?」という質問がよく来ますが、うーむ。
考える軸を改めた方が良いかなと思います。

独学は必須、その上で「今の自分に教室は必要かな?」という軸で考えることを勧めます。

韓国語教室と独学のメリット・デメリット

それぞれのメリット・デメリットは以下の通り。

教室のメリット・すぐに相談できるので、挫折しない
・講師や生徒と学ぶので、モチベが上がる
・習得までの時間ロスがなく、効率がいい
・就職や転職サポート、相談を受けられる
教室のデメリット・かかる費用が高め
・学ぶ場所や時間を選びづらい
・通う必要あり(オンラインは除く)
・教室探しをしなければいけない
独学のメリット・かかる費用が安め
・好きな場所や時間に学べる
・常に1人で学べる
・自分のペースで学習できる
独学のデメリット・挫折しがち(とくに完全初心者)
・常に1人なので、モチベ維持が難しい
・習得までに時間が結構かかる
・全て自力で解決する必要あり

順番に深堀りします。

韓国語教室のメリット・デメリット

改めて、以下の通り。

  • 韓国語教室のメリット
  • すぐに相談できるので、挫折しない
  • 講師・生徒と学ぶので、モチベが上がる
  • 習得までの時間ロスがなく、効率がいい
  • 就職・転職サポート・相談を受けられる

最大のメリットはなんといっても好きなときにサポート・相談を受けられるところ。

韓国語を始めたばかりで右も左も分からず、不安が多い初心者や、現地企業や日本支社への就職・転職を目指す方にとって、とても心強い味方になってくれます!

また、相談しやすい環境や、一緒に学ぶ講師・生徒がいる環境は、挫折回避やモチベ維持・向上につながり、習得のしやすさという点でもメリットがあります。

語学上達における最大のカギは「継続」です!韓国語教室は、挫折しづらい環境が整っているので、継続が苦手な方でも安心です。
続いて、韓国語教室のデメリットです。
  • 韓国語教室のデメリット
  • かかる費用が高め
  • 学ぶ場所や時間を選びづらい
  • 通う必要あり(オンラインは除く)
  • 教室を探す必要がある

上記の通り。

教室に通う上で無視できないのが費用。
参考書を使った独学に比べ、高くなります。

とはいえ、費用といっても教室によってマチマチでして、
安いところは月額数千円で通うことができます。

[ 韓国語教室 安い ] といったワードで検索してみてください。

私の記事でも「【コスパ神】安い韓国語教室のおすすめ4社【大手なので品質も優秀】」で安い教室を紹介していますので、気になる方はぜひご覧くださいませ。

【コスパ神】安い韓国語教室のおすすめ4社【大手なので品質も優秀】
「安くてコスパのいい韓国語教室のおすすめはどこだろう。そもそも、安いスクールって大丈夫なのかな...。それだけだと不安だから、料金以外に見るべきポイントも教えてほしい。」←こういった疑問に答えます。安いけど質も担保されている韓国語教室をお探しの方は是非です。
また、教室はあくまで「手段」であり、真に見るべきは学ぶ「目的」ですよね。

教室に通ったほうが自分にとって有益なのであれば、かかる費用は「自己投資」と考え、自分のゴール・将来像を一心に追求ことが人生においても失敗しない正しい選択だと思います。

独学のメリット・デメリット

続いて、独学のメリット・デメリットを深堀ります。

  • 独学のメリット
  • かかる費用が安め
  • 好きな場所・時間に学べる
  • 常に1人で学べる
  • 自分のペースで学習できる

独学のメリットは、やはり費用と自由度。

かかる費用といえば参考書代やカフェで勉強する場所代くらいなので、お金の心配をあまり気にせず学習を進めることができます。

そして、常に自分のペースで学習ができるので、仕事で忙しい人や、好きなタイミングで勉強したい人にとっては自由度高く学習を進められるところが魅力です。

  • 独学のデメリット
  • 挫折しがち(とくに完全初心者)
  • 常に1人なので、モチベ維持が難しい
  • 習得までに時間が結構かかる
  • 全て自力で解決する必要あり

独学は全て自己完結する必要があるため、完全初心者にとっては難易度がかなり高めです。

初心者は、分からないことへの解決力に乏しく、ググったとしても理解できない可能性が高いので、時間がかかる+すぐに頓挫してしまったり、モチベ維持が難しいです。

韓国語教室と独学、それぞれに向いている人

韓国語教室と独学、それぞれに向いている人は以下の通り。

  • 韓国語教室に向いている人
  • サポートが必要な完全初心者から中級者
  • 韓国企業や日本支社へ就職・転職したい人
  • 韓国語を習得するためなら自己投資OKな人

上記の通り。

記事前半でも触れましたが、韓国語を始めたばかりで独学する自走力に自信がない人、語学を習得して、その後の夢や目標達成に活かしたい人にとっては、教室に通う意義が大きいと言えます。

もちろん、講師陣は「教えるプロ」でもありますので、もっと語学を極めたい!という意欲や金銭的余裕が少しでもある方は教室を検討してみてくださいね。

韓国語教室のおすすめは「【2022年】韓国語教室おすすめ6選!比較ランキングや選び方も紹介」で紹介しています。

【2022年】韓国語教室おすすめ7選!比較ランキングや選び方も紹介
「韓国語教室のおすすめが知りたい。ネットでいろいろ探してるけど、どこが一番良いのか分からない。比較ランキングや、選び方も教えてください。」←こういった疑問に答えます。韓国語教室のおすすめ7選|比較ランキング/韓国語教室の失敗しない選び方/韓国語教室に通いつつ、実践すべきこと/韓国語教室のよくある質問をまとめました。韓国語教室をお探しの方は是非です。
  • 独学に向いている人
  • 韓国語をすでに勉強中の中・上級者
  • 学習を自分のペースで進めたい人
  • 費用を少しでも安く抑えたい人

言うまでもないですが、独学をして上達するには最低限の自走力が必要です。

とはいえ、体力や時間、金銭的に教室に通うのが難しい方もいると思うので、このあたりは個々人の環境によって左右されるかなと思います。

※注意が1つありまして、「完全独学」は控えるべきです。詳細は「【警告】韓国語の「完全独学」は難しいのでNGです【正解=独学+実践】」をご覧ください。

参考までに、以下でおすすめの学習教材を紹介しますのでこちらも是非。
»【厳選13冊】韓国語の勉強におすすめな本【初心者〜中級者向け】

ということで、今回は以上です。
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました