【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
旅行留学

韓国でのお金管理はどうする?現金やクレカ決済、口座、送金方法まとめ

悩む人
悩む人
韓国でのお金の管理方法が知りたいです。現金やカード、両替、銀行口座、ATM、送金など、やることが多すぎて何をどうしたらいいか分かりません…。このまま韓国に行くのは不安です。

こんにちは、こりです。
上記の疑問にお答えします(^^)

韓国でのお金管理|現金やクレカ決済、口座、送金方法

以下のとおりです。

  • 韓国でのお金の管理方法
  • 現金:3〜5万ほど(少額)
  • 決済:キャッシュレス(クレカ)
  • 保管:銀行口座(家はNG)
  • 送金:オンライン(Wise)

あくまで私の管理方法です。
ご参考ください(^^)

現金:3〜5万ほど(少額)

ここで重要なのは「少額」ということ。
理由は以下のとおり。

  • 現金は、紛失や盗難リスク大
  • 現金は、両替の手数料が高い
  • 現金は、マイナーな決済手段

海外での現金所持はリスクや損が多いので、少額が良いと思います。

しかし、ここについて「もし、現金が必要な場面で手元になかったらどうするんだ」と考える人もいると思います。

結論、「クレカのキャッシング機能」や「銀行口座」を使って現金を引き出せばOK。常に大金を持ち歩いたり、部屋で管理するよりも安全だし、実は両替よりも安かったりするのでおすすめの管理方法です。
韓国留学に現金はいくら持っていく?ATMでの現金引き出し方も解説
「韓国留学には現金をいくら持っていくべきなのかな。現地のATMで現金を引き出す方法も知りたいです。」←こういった疑問に答えます。結論、多くても3~5万円です。しかし、両替は手数料が高く、現金の持ち歩きによる紛失や盗難リスクもあります。よって、現金は持たず、ATMからカードで現金を引き出したり、決済することをおすすめします。現金管理に悩んでいる方はぜひご覧ください。

決済:キャッシュレス(クレカ)

キャッシュレス決済の代表例は以下のとおり。

  • クレジット決済:日本のクレカ、韓国のクレカ
  • デビット決済:日本のデビットカード、韓国のチェックカード
  • 電子マネー決済:T-moneyカード
  • コード決済:カカオペイ、サムスンペイ、ネイバーペイ

中には、現地の口座や電話番号がないと使えない決済方法もあるので、これらの準備が整っていない人は、日本のクレカとデビットカードを事前に作った方が良いですね。

【厳選3枚】韓国留学におすすめなクレジットカード【無料+保険付き】
「韓国留学したいんだけど、クレジットカードって必要なのかな。留学におすすめのカードが知りたいな。」←こういった疑問に答えます。海外に出るならクレジットカードは必須です。クレカを勧める理由、おすすめのクレカ、クレカを作る前に知っておくべき豆知識をご紹介します。
【必読】韓国留学におすすめなデビットカード4枚【クレカとの違い+使い方】
「韓国留学にデビットカードって必要なのかな。クレジットカードとどっちがいいんだろう・・・。おすすめのカードを知りたいな。」←こういった疑問に答えます。結論、①イオンカード/②楽天カード/③三菱UFJデビット/④Sony Bank WALLETの4枚がおすすめ。クレジットカードとの違いも解説します。

※留学向けの記事となっていますが、それ以外の目的(ワーホリや移住)の方でも上記から選んでまったく問題なしです。

  • カードは、2枚以上を推奨

もしカードを1枚なくしてしまったときの備えとして、最低でも2枚以上作っておくことを推奨します。

保管:銀行口座(家はNG)

韓国に着いたら、なるはやで銀行口座を作って管理ですね。
基本的に、現金を家で管理するのはNGです。

  • 家で管理するのはNG

私も過去に韓国留学を経験しており、当時は現金(10万円ほど)を家で管理していました。しかし、今思うと結構危険だったな…と反省しています…。特に、他人と共同生活する予定の方は、なおさら家管理はNGですね。

銀行口座の開設方法は、以下の記事で解説しています。

韓国で銀行口座を開設する方法【手順は5つ/必要な書類も解説する】
「韓国で銀行口座を開設する方法が知りたいです。口座の開設に必要な書類や、口座を作るときの注意点も教えてください。」←こういった疑問に答えます。口座を開設すると、現金の入出金だけでなく、チェックカードや交通カード機能、インターネットバンキングも使えるようになります。口座の作り方をわかりやすく解説していきます。

なお、口座の開設予定がない方は使えなくても仕方ないので、カード決済をメインにすればOKだと思います。

送金:オンライン(Wise)

送金とは、生活費や学費を日本から韓国の口座に移したいときに使うもの。なので、韓国でも口座開設の予定がある方が限定です。

以下の記事で送金方法を解説しています。

日本から韓国の口座に送金する方法5つ【おすすめは、Wiseです】
「日本から韓国の口座に送金する方法が知りたいです。どの方法が一番安くてお得なのか、おすすめも教えてください。」←こういった疑問に答えます。送金方法は、①都市銀行から送金/②韓国系銀行から送金/③郵便局から送金/④ネット銀行から送金/⑤民間サービスから送金の5つがあります。結論、「Wise(ワイズ)」という国際送金サービスがおすすめ。

複数ある送金方法の中でも個人的には「Wise」という送金サービスがおすすめ。ググると分かるのですが、Wiseは韓国以外の世界中で愛用されているサービスです(^^)

【簡単】海外送金Wiseで日本から韓国へ送金する方法【手順5つ】
海外送金Wiseで日本から韓国へ送金する方法が知りたいです。一人できちんと入力できるか不安なので、イチからわかりやすく手順を教えてください。←こういった疑問に答えます。手順①:アカウント作成/手順②:送金金額を入力/手順③:口座情報を入力/手順④:本人確認(初回のみ)/手順⑤:Wise日本口座に入金の5つの手順で送金ができます。「学先の学校へ学費を払いたい...」「滞在先へ家賃を払いたい...」「生活費を補充したい...」「遊ぶお金を補充したい...」など、韓国留学やワーホリ、移住時には韓国口座にお金がない…という場面に遭遇することもしばしば。日本から韓国への送金を検討している方は、ぜひ今回紹介する海外送金サービス「Wise」を使ってみることをおすすめします。

現地人は、ほぼカード決済です【友人の1日を紹介】

ここまで読んだ方で、韓国人はどのような手段で決済をしているのか気になった方もいると思います。

そこで、私の友人に普段の決済について聞いてみました。

  • 私の友人Sさん(韓国人)

Sさん

  • 社会人20代後半の女性
  • 趣味はインスタと旅行
  • 週末は江南によく行く

以下が、彼女の1日です。
ご参考ください(^^)

  • 彼女のとある1日(平日)
  • コーヒー(₩1,500)をカード払い
  • マラタン(₩6,700)をカード払い
  • キンパ(₩3,500)をカード払い
  • ズボン(₩56,050)をカード払い
  • コインランドリー(₩1万)を現金払い
  • 彼女のとある1日(休日)
  • ドーナツ(₩13,000)をカード払い
  • バーガー(₩2,200)をカード払い
  • 居酒屋(₩48,000)をカード払い
  • チキン(₩23,000)をカード払い
  • 携帯料金(₩9万)をカード払い
  • 保険(₩12万)をカード払い

上記のとおりで、ほぼカード払いです。「現金は使わないの?」と念の為に聞いたところ、「まず使わない」とのことでした。周りの人も同じだそうです。

なので、「皆さんもカードを使おう」ということではないですが、多額の現金所持や管理を考えると、それよりもキャッシュレス化すべきというのが私の結論です。

というわけで、今回はここまで。
最後まで読んで頂きありがとうございます。