【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
留学

日本から韓国の口座に送金する方法5つ【おすすめは、Wiseです】

悩む人
悩む人
日本から韓国の口座に送金する方法が知りたいです。
どの方法が一番安くてお得なのか、おすすめも教えてください。

こんにちは、こりです。
上記の疑問にお答えします(^^)

韓国留学やワーホリ、移住時には韓国口座にお金がない…という場面に遭遇することもしばしば。学費や生活費など、現地でお金がなくて困ったときの送金方法をご紹介します。

  • 本記事の内容

日本から韓国への送金方法5つ

  • 方法①:都市銀行から送金
  • 方法②:韓国系銀行から送金
  • 方法③:郵便局から送金
  • 方法④:ネット銀行から送金
  • 方法⑤:民間サービスから送金

上記のとおり。

  • 結論:おすすめは、民間サービス

上記でいう⑤ですね。民間サービスにもいろいろあるのですが、中でも、Wise(ワイズ)というサービスがおすすめ。
» Wiseの解説を読む(本記事の後半に飛びます)

では、1つずつ紹介します(^^)

方法①:都市銀行から送金

都市銀行で送金手続きを行って送金する方法。

  • 都市銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行

しかし、銀行手数料が高く、送金完了までの日数も長めなので微妙です。

方法②:韓国系銀行から送金

日本に支店を持つ韓国銀行で送金手続きを行って送金する方法。

  • 韓国系銀行
  • ハナ銀行
  • ウリ銀行
  • 国民銀行
  • 新韓銀行

韓国の銀行間で送金を行うことになるので、手数料や送金日数は若干マシですが、とはいえ、こちらも微妙。

方法③:郵便局から送金

郵便局やゆうちょ銀行で送金手続きを行って送金する方法。

店舗が全国にあるのでアクセスはしやすいですが、手数料と送金日数は微妙。

方法④:ネット銀行から送金

ネット銀行で送金手続きを行って送金する方法。

  • ネット銀行
  • 楽天銀行
  • ソニー銀行
  • PayPay銀行

オンライン完結なので、送金手続きがラクで、手数料も若干安め。
しかし、オフラインの銀行同様に送金完了までに日数を要するので微妙。

方法⑤:民間サービスから送金

民間サービスで送金手続きを行って送金する方法。

  • 民間の送金サービス

手数料が安く、送金日数も最速なので送金を検討している方は、上記のいずれかが良いと思います。

海外送金は、Wise(ワイズ)がおすすめ

記事前半でも紹介しましたが、送金方法の1つに「Wise(ワイズ)」というオンラインの海外送金サービスを使う方法があります。
» Wiseの公式サイト

日本から韓国へ送金をしたいときは、Wiseを使うのがおすすめです。

メリットは、以下のとおり。

  • メリット①:手数料が安い
  • メリット②:送金が早い
  • メリット③:手続きが簡単

メリット①:手数料が安い

理由は、仲介手数料がないから。
意味不明だと思うので、図解します。

日本から韓国へ銀行送金するしくみ

まずは、上記が銀行送金のしくみ。

複数の銀行を経由しており、結果的に送金手数料や為替手数料が高くかかってしまう構造。

さらに、複数の銀行を経由すると、送金完了までの時間も大きくかかってしまいます。

日本から韓国へWise送金するしくみ

続いて、上記がWise送金のしくみ。

Wiseだけで送金が完結するのでムダな手数料がかかっていないです。さらに、為替手数料も一切かかってません。

この辺りは本題から逸れるので、「ふーん」と流してもらえればと思います。とにかく、Wise独自のしくみのおかげで手数料が安いということです。

メリット②:送金が早い

まず、銀行だと2~5営業日ほどかかります。
土日を挟むと1週間以上かかることもあります。

一方、Wiseだと1~2営業日で送金が完了します。
早ければ、当日中に送金されることもあります。

メリット③:送金手続きが簡単

基本的には、画面の指示に沿ってポチポチしていくだけ。

初回のみ本人確認があり、送金までに20〜30分かかりますが、2回目以降は、10分ほどでサクッと送金手続きができるようになります。

  • Wiseの送金手順

以下の記事でWiseの送金手順を解説しています。
気になる方はぜひご覧ください(^^)
»【簡単】海外送金Wiseで日本から韓国へ送金する方法【手順5つ】

【簡単】海外送金Wiseで日本から韓国へ送金する方法【手順5つ】
海外送金Wiseで日本から韓国へ送金する方法が知りたいです。一人できちんと入力できるか不安なので、イチからわかりやすく手順を教えてください。←こういった疑問に答えます。手順①:アカウント作成/手順②:送金金額を入力/手順③:口座情報を入力/手順④:本人確認(初回のみ)/手順⑤:Wise日本口座に入金の5つの手順で送金ができます。「学先の学校へ学費を払いたい...」「滞在先へ家賃を払いたい...」「生活費を補充したい...」「遊ぶお金を補充したい...」など、韓国留学やワーホリ、移住時には韓国口座にお金がない…という場面に遭遇することもしばしば。日本から韓国への送金を検討している方は、ぜひ今回紹介する海外送金サービス「Wise」を使ってみることをおすすめします。

ということで、今回はここまで。
最後まで読んで頂きありがとうございます。