【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
留学

韓国で外国人登録証を申請する方法【手順3つ/必要な書類+書き方】

韓国で外国人登録証を申請する方法【手順3つ/必要な書類+書き方】
悩む人
悩む人
外国人登録証の申請方法が知りたいです。申請手続きから受け取りまでの手順、必要書類の書き方を教えてください。

こんにちは、こりです。
上記の疑問にお答えします(^^)

  • 本記事の内容

そもそも、外国人登録証って何?

そもそも、外国人登録証って何?

簡単にいうと、外国で使える「身分証明書」のこと。

初めて聞く人もいると思うので、少し解説します。
既に知っている方は読み飛ばしてOKです。

日本でいう、運転免許証

しかし、日本の免許証を見せても向こうからすると意味不明ですよね。そこで、渡韓後に「外国人用の身分証明書=外国人登録証」を作る必要があるというわけです。

とはいえ、渡韓した全員が作る必要はなく、韓国に「91日以上」滞在する人のみ作成すればOK。

  • 余談:韓国人は、住民登録証を使う

少し雑談ですが、韓国人が居酒屋に行ったときに身分証として使うのが「住民登録証」と呼ばれるカード。17歳以上の韓国人は全員持っています。

住民登録証のサンプル<住民登録証のサンプル>

カードには、個人番号が書かれており、要は日本のマイナンバーカード的な役割を持っています。本記事で解説する「外国人登録証」は、この外国人版ということですね。

外国人登録証は、急いで作ろう

なぜなら、韓国で生活するにあたって、外国人登録証による「本人確認」が必要な場面があるから。

例えば、以下のとおり。

  • 銀行口座の開設
  • スマホの契約
  • ネットショップの利用

生活に必須なものばかりなので、韓国に到着したらなるはやで作った方が良いと思います。

  • 注意:申告は、90日以内

外国人登録証は、入国から「90日以内」に申告する必要があります。もし、90日を過ぎると罰金になるので注意です。

外国人登録証の発行に必要な書類

外国人登録証の発行に必要な書類

必要書類は以下のとおり。

重要なので、1つずつ解説します。

①:パスポート

原本とコピーが必要です。

コピーは、パスポートの「顔写真があるページ」と「ビザ情報があるページ」を準備すればOK。

②:申請書

つまり、外国人登録証の発行をお願いする書類です。
正確には「統合申請書」と言います。

申請書は、Hi Korea(ハイコリア)というWebサイトでダウンロードできます。ハイコリアとは、韓国にやって来た外国人の生活全般をサポートするオンラインサービスでして、要は外国人向けの市役所みたいなものですね。また、申請書は「出入国管理事務所」にもあるので、現地へ行って直接書き込んで提出してもOKです。

Webサイトからダウンロードする場合の手順は以下のとおり。

Hi Korea(ハイコリア)で外国人登録証の申請書をダウンロードする方法

少し見えづらいかもですが、先ほどのリンクをクリックすると上記のページに飛びます。そして、통합신청서(統合申請書)と書かれた項目のPDFファイル(真ん中のアイコン)をクリックすると、申請書をダウンロードすることができます。

続いて、PDFファイルがダウンロードできたら、印刷をして、個人情報を記入をします。

外国人登録証の申請書の書き方

外国人登録証の申請書の書き方

  • 申請書の記入項目
  • 外国人登録にチェック
  • 名前(アルファベットと漢字)
  • 生年月日
  • 性別(M=男、F=女)
  • 国籍(JAPANと記入)
  • パスポート情報
  • 韓国の住所(ハングルで書く)
  • 韓国の電話番号(なければ空欄でOK)
  • 日本の住所(ローマ字で書く)
  • 日本の電話番号(+81をつける)
  • 申請日(年月日)
  • 署名(2箇所)

記入箇所は、上記のとおり。もし記入に不備があっても、窓口へ提出する際に担当の方が確認して教えてくれると思います。

③:証明写真

詳細は以下のとおり。

  • 種類 :カラー写真
  • 枚数 :1枚
  • 背景色:白色
  • サイズ:3.5cm × 4.5cm
  • 撮影日:6ヶ月以内に撮ったもの

④:現住所確認書

韓国のお住まいを証明できる書類のこと。例えば、家の契約書、公共料金レシートなどを用意すればOK。

家の契約書が手元にない方は、Hi Korea(ハイコリア)にある居住確認書(거주숙서제공사실확인서)をダウンロードして、こちらを提出します。

居住確認書は、以下の画像にあるPDFファイル(真ん中のアイコン)をクリックすればダウンロードできます。

Hi Korea(ハイコリア)で居住確認書をダウンロードする方法

居住確認書の書き方

  • 居住確認書の記入項目
  • 国籍(JAPANと記入)
  • 名前(アルファベット)
  • 韓国の電話番号(なければ空欄でOK)
  • 韓国の住所(ハングルで書く)

赤い枠で囲んだ部分はご自身で記入してください。そして、青い枠で囲んだ部分は大家さんに記入してもらってください。

⑤:手数料3万ウォン

登録証を発行する手数料が「3万ウォン」かかります。郵送を希望する方は、4,000ウォンを加えた「34,000ウォン」になります。現金で準備しておきましょう。

※外国人登録証の手続きは「出入国管理事務所」という場所で行うのですが、
この建物の中に専用のATMがありまして、ここで手数料を支払います。

⑥:滞在資格別書類

滞在目的によって提出書類が異なります。

  • 留学:在学証明書(学校に依頼をし、準備してもらう)
  • ワーホリ:旅行日程表または活動計画書(ビザ申請時のものと同じでOK)

必要書類は以上です。

先ほどもお伝えしたとおり、外国人登録証は入国から「90日以内」に申告する必要があり、もし90日を過ぎると罰金になるのでなるはやで準備しましょう(^^)

韓国で外国人登録証を申請する手順3つ

韓国で外国人登録証を申請する手順3つ

申請手順は以下のとおりです。

  • 手順①:出入国管理事務所への訪問予約
  • 手順②:出入国管理事務所で手続き
  • 手順③:外国人登録証の受け取り

手順①:出入国管理事務所への訪問予約

外国人登録証は「出入国管理事務所」という場所で発行してもらうのですが、
ここへ行くには、まず予約をする必要があります。

予約申請は、Hi Korea(ハイコリア)で行います。
予約申請の手順は以下のとおり。

Hi Korea(ハイコリア)で出入国管理事務所への訪問予約をする方法

まずは、訪問予約をクリック。

Hi Korea(ハイコリア)で出入国管理事務所への訪問予約をする方法

同意にチェックをして、申請ボタン(右側)をクリック。

Hi Korea(ハイコリア)で出入国管理事務所への訪問予約をする方法

「滞在から90日以内に申請しないと罰金ですよ〜。」という警告文。確認ボタンをクリックしてOKです。

Hi Korea(ハイコリア)で出入国管理事務所への訪問予約をする方法

①〜⑤のとおりに記入、選択する。

Hi Korea(ハイコリア)で出入国管理事務所への訪問予約をする方法

上記のとおりに、管轄の出入国管理事務所を選択。

Hi Korea(ハイコリア)で出入国管理事務所への訪問予約をする方法

上記のとおりに記入、選択する。

Hi Korea(ハイコリア)で出入国管理事務所への訪問予約をする方法

上記のとおりに記入、選択する。

Hi Korea(ハイコリア)で出入国管理事務所への訪問予約をする方法

訪問日時を選択しますが、予約制なので予約が埋まっているところは日時が黒塗りされます。白い枠から選びましょう。

以上、上記の手順でポチポチすれば予約は完了です(^^)

手順②:出入国管理事務所で手続き

続いて、ハイコリアで予約した日時に出入国管理事務所に行きます。
到着した後の流れは以下のとおり。

  • 1. 登録証の発行手数料(3万ウォン)を専用ATMで支払う※
  • 2. ハイコリアで発行された予約番号が表示されるのを待つ
  • 3. 予約番号が表示されたら、窓口に向かう
  • 4. 窓口で手続き(必要書類の提出+指紋登録)
  • 5. 申請確認書を受け取り、手続き完了

※登録証は後日(約2週間〜1ヶ月後)に受け取りになります。この際、出入国管理事務所で受け取るか、もしくは郵送受け取りを選べるのですが、郵送で登録証を受け取りたい人は追加で手数料(3万ウォン)に加えて、郵送料4千ウォンもATMで支払います。ちなみに、ATMの文字は日本語モードに切り替えできるのでご安心ください。

手順③:外国人登録証の受け取り

出入国管理事務所で手続きを行った後、だいたい2週間〜1ヶ月後に外国人登録証が発行されます。
外国人登録証の受け取り方法は以下のとおり。

  • 再び出入国管理事務所に行って受け取る
  • 郵送で受け取る

なお、出入国管理事務所へ行く際は、手順②の最後でもらった申請確認書とパスポートを忘れずに持参しましょう。

よくある質問(更新・紛失・返却)

よくある質問(更新・紛失・返却)

よくある質問をまとめました(^^)
ササッと目を通しておくと良いと思います。

外国人登録証の更新方法が知りたいです

延長とは、登録内容の変更や、有効期間の延長のこと。結論、申請時と同じ必要書類(※)、同じ手順で更新ができます。

※必要書類について、以下2点は変更なのでご確認ください。

  • 必要書類の変更箇所
  • 申請書:「滞在期間延長許可」にチェックをつける
  • 手数料 3万ウォン → 6万ウォン
  • 申請書:滞在期間延長許可にチェック

外国人登録証を延長したい場合の申請書の書き方

  • 手数料:6万ウォンを現金で用意

最初の申請より若干高いのでお間違いなく。

外国人登録証を失くしてしまいました

再度、発給手続きをすればOK。
手続きの流れですが、まずは警察署へ行きましょう。

  • 警察署で紛失した旨を伝える

警察署へ行き、紛失したことを伝えます。

  • その後、出入国管理管理事務所で手続き

警察署で事情を伝えた後、出入国管理事務所へ行きます。
この際、申請時と同じ必要書類(※)を準備します。

※申請書の記載について1点だけ変更点があり、今回は再発給をしてもらいたいので「登録証再発給」にチェックをします(以下画像)。

  • 申請書:登録証再発給にチェック

外国人登録証を再発給したい場合の申請書の書き方

必要書類を持って出入国管理事務所に着いたら、紛失理由書(紛失した理由を記入する書類)を書きます。紛失理由書は現場に記入用紙がおいてあるのですが、分からなければ窓口の方に聞けばOKです。

あとは、申請時と同じ流れで再発給してくれます。
※14日以内に手続きをする必要があります。遅れると、罰金らしいので注意です。

外国人登録証の返却方法が知りたいです

出国するときに、空港にある出入国審査場の審査官に渡せばOK。
出入国管理事務所へ行く必要はありません。

わからないことは「1345」で相談できる

記事を読んでもわからない…となったら、相談窓口に電話すればOKです。相談窓口ですが、外国人総合センターという「出入国外国人政策本部」が運営する窓口があります。

相談の対応時間は、以下のとおり。

  • 日本語:平日9:00〜18:00
  • 韓国語:平日9:00〜22:00

電話で「1345」と局番なしでそのまま打ち込めば連絡できます。日本語も対応しているのでご安心ください(^^)

というわけで、今回はここまで。
最後まで読んで頂きありがとうございます。