【無料体験あり】おすすめの韓国語スクールはこちら »
就職

韓国で働くには?働き方や就職に必要な条件、企業の探し方を徹底解説

悩む人
悩む人
韓国で働きたいので、就職までの方法を教えてください。
働き方や就職に必要な条件、仕事の探し方も知りたいです。

こんにちは、こりです。
上記の疑問にお答えします(^^)

  • 本記事の内容

韓国での働き方3つ

韓国での働き方はざっくり3つあります。

  • 1. 日本の駐在員として韓国で働く
  • 2. 現地企業で就活をし韓国で働く
  • 3. ワーホリビザを使い韓国で働く

1. 日本の駐在員として韓国で働く

駐在とは、日本企業で働いている人が
海外の現地法人や支社に転勤して働くこと。

駐在員として韓国で働くメリットは、圧倒的な「安定性」ですかね。

例えば、住居手当や保険、給与、渡航費など、海外生活にかかる費用やリスクを
日本の会社がサポートしてくれるので、経済的な負担が少なくなります。

また、現地での就職活動が不要なことや勤務先に日本人がいれば
語学力が多少低くても問題ないといったメリットもあります。

とはいえ、今いる日本の会社が「韓国へ駐在員を送る必要」がなければ、
当然ですが、駐在員として選ばれる可能性自体がなくなります。

さらに、今いる会社が韓国支社を持っていたとしても、駐在員として選ばれるには会社から「必要な人材として評価されること」が条件のため、そう簡単ではないのも事実です。

2. 現地企業で就活をし韓国で働く

つまり、現地採用のことでして、韓国で就活をして就職するということ。

言うまでもないですが、他の韓国人と同じ土俵で就活を行うため、語学力は当然ながら、+αで会社が求めるスキルも持ち合わせている必要があります。

ちなみに、現地採用といっても以下2パターンがありまして、現地の日本企業であれば、日本人がいる分、語学の壁は低くなるかと思います。

  • 韓国にある日本企業に就職
    →日本人もいれば言語の壁は下がる
  • 韓国にある韓国企業に就職
    →韓国人ばかりなので言語の壁が高い

とはいえ、日本の企業がわざわざ韓国に会社を置くということは、韓国マーケットも狙った事業を展開しているわけで、そうなると語学力は当然のことながらあるに越したことはありません。

よって、韓国の大学や大学院、専門学校に正規留学して韓国人と同じように就活したり、日本で韓国語教室に通って日常会話やビジネスでも通ずる語学力を磨く必要があるかなと思います。
» 韓国語教室おすすめ8選

【2022年】韓国語教室おすすめ8選!比較ランキングや選び方も紹介
「韓国語教室のおすすめが知りたい。ネットでいろいろ探してるけど、どこが一番良いのか分からない。比較ランキングや、選び方も教えてください。」←こういった疑問に答えます。韓国語教室のおすすめ8選|比較ランキング/韓国語教室の失敗しない選び方/韓国語教室に通いつつ、実践すべきこと/韓国語教室のよくある質問をまとめました。韓国語教室をお探しの方は是非です。

3. ワーホリビザを使い韓国で働く

ワーホリとは、ワーキングホリデーの略でして、
簡単に言うと、韓国で1年間働けるビザのこと。

正社員としてではなく、アルバイトとして働くことになります。また、1年間のみの生活なので、長期的に安定した収入を得たい人には不向きです。

まずは海外生活に慣れ、その後に就活をして現地就職したい人や、現地就職ほどではないけど海外で働く経験をしてみたいという人にとってはおすすめの選択肢です。

韓国就職に必要な条件

続いて、働く条件について説明します。
結論からいうと、以下3つがあります。

  • ビザ:必須(駐在, 就業, ワーホリ, 学生, 結婚ビザ…)
  • 資格:決まりはなし
  • 学歴:決まりはなし

ビザ:必須(駐在、就業、ワーホリ、学生、結婚…)

ビザとは、簡単に言うと入国許可証のこと。
別名で査証とも呼ばれ、事前の書類や面接などの審査を通過した人に与えられます。

日本から韓国に行きたい場合、滞在が90日間までであればビザは不要なのですが、
それ以上滞在したい場合や働きたい場合はビザが必要になります。

  • 駐在ビザ(D-7)

韓国へ駐在するときに必要なビザ。
企業で1年以上勤務していることが前提です。

  • 就業ビザ(E-7)

現地就職するときに必要なビザ。

就業ビザの取得条件は意外と厳しいです。。
というわけで、早めに準備をしておくと吉です。

以下の記事でこりあゆさんが実体験を語っているので気になる方は是非。
» 日本人が韓国で新卒就職した話①~韓国での就活、こりあゆの就職編~

  • 観光就業ビザ(H-1)

ワーキングホリデーに必要なビザ。
1年間、韓国で働きながら観光ができます。
※取得は原則 1回、年齢は18歳〜30歳という制限あり

  • 学生ビザ(D2、D4)

学生がアルバイトをするときに必要なビザ。
※韓国の大学・大学院に通っていることや語学学校に6ヶ月以上通っていることが条件です。

  • 結婚ビザ(F6)

韓国人と結婚したときに与えられるビザ。
これがあれば、働くこともできます。

詳しくは、韓国大使館の公式サイトをご覧くださいませ。

資格:決まりはなし

これがないと働けません、といった決まりはないですが、
ある方が有利・あるに越したことはない、というのが結論。

なぜなら、日本企業と同じように資格を語学力やスキルの判断基準として評価をするから。

語学力でいえば、TOPIK5〜6級を持っていると就職できる範囲が広がると思います。

学歴:決まりはなし

こちらも決まりはありませんが、日本での採用と同じように
学歴を採用の評価基準に入れている韓国企業は多いです。

よって、4年生大学や、有名大学を卒業している方が採用範囲が広げるのが現状です。
場合によっては、上記大学の卒業が必須条件の会社もあります。

韓国企業や韓国の日本支社を探す方法

最後に、韓国の現地企業や日本の韓国支社の探し方を紹介します。

日本からオンラインで完結する方法もありますので、
ご自身の就職活動にぜひお役立てくださいませ。

  • 1. 就職・転職サイトで海外求人を探す
  • 2. 就職・転職エージェントを使う
  • 3. 友人や学校の先生に紹介してもらう

1. 就職・転職サイトで海外求人を探す

就職・転職サイトとは、日本でいうリクルートのこと。
仕事探しやバイト探しのときに応募するサイトですね。

日本・韓国のそれぞれで有名な求人サイトを紹介します。

  • 日本の求人サイト

余談ですが、上記は私も就活のときにお世話になりました。

  • 韓国の求人サイト

韓国の求人サイトが韓国語表記なので、情報収集に一苦労ですが、やはり現地の求人サイトの方が情報量が豊富なので、気になる方は積極的に使ってみることを勧めます。

2. 就職・転職エージェントを使う

以下、7社になります。

  • 就職エージェントのおすすめ

3. 友人や学校の先生に紹介してもらう

周りの友人や大学の先生に直接相談したり、
SNSを調べることで紹介してもらう方法。

韓国はこのあたりの人脈で就職する人も多いので、ぜひ声をかけてみては。

ということで、今回は以上です。
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。